ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

長編ミステリーを書き始めてから、かれこれ10年以上が過ぎました。
ミステリー作家になる!という夢を弄んで、10年以上も経ったということです。

いろんな賞に応募し、いい成績だったものも、箸にも棒にもかからなかったものも含めて、6作となりました。

最新6作目「サントノーレ」がとうとう完結しました。
WEBで連載を始めてから丁度1年がかり。
30万文字ですからそこそこ長編という部類に入るでしょう。

以前書いていた「ノブ・ユウ長編ミステリーシリーズ」ではありますが、前作「ニューキーツ」同様、SF仕立てのミステリーという趣向です。
というか、「ニューキーツ」の続編です。
謎は「ニューキーツ」から継続しているというものです。
両編合わせると、76万文字ということになり、我ながら頑張ったなあと。
(もちろん、文字数が多ければいいってもんじゃないですが)

まだまだミステリー作家になるという夢は捨てきれません。
次回作も構想中です。

いつも読んでくださっている読者の皆様、ありがとうございます。

あ、そうそう。
現時点での読者数の確認を。

ニューキーツ
24,385アクセス 6,278人

サントノーレ
12,903アクセス 3,884人

ノブ、それって空耳
15,730アクセス 5,680人

ノブ、知ってたん?
23,302アクセス 8,412人

ノブ、ちゃんと考えてよ
9,871アクセス 3,280人

ノブ、ずるいやん
35,255アクセス 12,988人

水霊の巫女
10,069アクセス 5,989人

アクセスの集計が途中からなので、総合計というわけではありませんが、じりじりと増えてきています。

お友達の皆様、ぜひ、読んでみて下さい。

お勧めは、
ニューキーツ」+「サントノーレ」
「ノブ、するいやん」
です。

「ノブ&ユウ長編ミステリー」の一覧ページはこちらです。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

千本閻魔堂大念仏狂言

昨年、京都の八幡で千本ゑんま堂の狂言を見ましたが、それが気に入って、今年はその本拠、閻魔堂に見に行きました。

昨年に狂言を見たときの記事はこちら

千本閻魔堂には始めて行きました。
屋外で会場です。

千本閻魔堂大念仏狂言

時は5月5日。
午後1時からの公演です。
場所取りをしないといけないということで、11時半に到着。
そのときすでに、炎天下にこれくらいの人が。
弁当食ったり、ビール飲んだりして、皆さんおおらかにお待ちです。


演目は、以下のとおりです。

午後1時~5時    演目名  1 えんま庁
                2 悪太郎
                3 末広
                4 伯母ヶ酒
                 5 芋汁
                6 土ぐも
 
午後6時~9時    演目名  1 道成寺
                2 いろは
                3 牡丹獅子
                4 千人切り

撮影した写真を少々掲載します。

千本ゑんま堂狂言
千本ゑんま堂狂言
千本ゑんま堂狂言
千本ゑんま堂狂言
千本ゑんま堂狂言
千本ゑんま堂狂言

最初の演目、「えんま庁」から最後の「千人切り」まで、とおしで見ました。
延々、8時間。
なかに休憩はあるというものの、なかなかしんどい。
なにせ日差しは夏のよう。

私達のように、まる一日、見る人なんていないだろうと思っていましたが、なんのなんの、案外皆さん座りっぱなし。



なぜ、千本ゑんま堂の狂言が好きになったかは、以前の記事にも書きましたが、そのおおらかさというか、親しみ感というか、演者が近いというか。
保存会の皆さんが練習して、これだけのものを演じることができるということに感動するということです。
素人というと保存会の皆さんに申し訳ないのですが、すばらしいと思うのです。


休憩中に、舞台上では練習が行われ、それをまた観衆が見るというアットホームな感じ。
いいじゃないですか。


すべて終わって、閻魔堂の中で閻魔さんの前で、おかじをしていただき、面白かったなあと引き上げました。
とても満足した一日でした。



この話を友人達にすると、一様に、「暇なんか」といわれますが、違います。
こういうことに一生懸命になる充実感がわからないかなあ。


未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

紅葉の花

東日本大地震が起きて、あれから、テレビを見ては唸り、新聞を読んでは涙ぐみの毎日で、なんとなくブログを書く気力が失せていました。

しかし、もうそろそろ。

ブログに書こうかなという話題も溜まってしまいました。


モミジの花
庭のモミジの花

10日程前くらいが満開でした。

紅葉の季節もそうですが、モミジは春の芽出しの頃も良いですね。

どの木もそうですが、それぞれに色合いを持って、新芽の時期を迎えます。
コナラは銀葉、アジサイはみずみずしい淡い緑、というように。
モミジは赤。
一言で赤というより、和風の赤というのか、エンジがかった赤というのか、
いや、モミジの赤ということでしょう。

ソメイヨシノばかりがもてはやされますが、モミジも葉っぱが出るとほぼ同じ時期に花を咲かせます。
芽出しの前は、赤い粒粒が徐々に大きくなり、準備万端。
ある日、赤い先っぽが出てきたな、と思うやいなや、日々ぐんぐん柔らかい葉っぱを出してきます。
目立たぬ花ですが、つい先日まで枯れ木だったところに、葉っぱは出るわ、花は咲くはで、生の強さを感じます。


うれしい季節です。


未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。