ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

安藤忠雄さん

昨日、建築家の安藤忠雄さんの話を聞いた。

ルミナリエで沸き返る神戸元町のジャズバー・JAMJAMで。

参加者は若い人が多かったので、安藤さんの若かりし頃の苦労話みたいな内容が多かったが、この歳になって独立して日々頭を打ちまくっている僕としては、まるで今の僕のことみたいやな~という感想でした。

今までもこういう話は安藤さんから耳だこになるくらいに聞いてはいたんですが、それは、僕がサラリーマン時代のこと。昨日の話は、まるで今の僕に向かって話されているようで、違って聞こえたねえ。

ある参加者から、「安藤さんにとって今年はどんな年だったか。それを文字にするとどんな漢字か?」という質問が出たが、
安藤さんはこれには直接応えず、「一年なんてあっという間」「やりたいことが、やらなくてはいけないことがものすごくたくさんある」「振り返っている暇なんてない」
と、切って捨てた。

そうやん!
ついつい、「今年は○○やったなあ」
なんて口にしてしまいそうだけど、そんなこといってる身分じゃないよね。少なくとも僕は。

膨大な作業量に追いまくられ、夢はますます膨らみ、焦りが募るばかり。
今日は雨の日曜日。さ、インテリアのスケッチでも始めるか。



ところで、数年前、安藤さんにプレゼントした僕のミニ盆栽。

京都南禅寺の山門のモミジの種から育てた7年ものだったが、あれは、庭に植えたって。
「盆栽なんて手間かけられないよ~」とは奥様の話。

そりゃそうだ。超がつく多忙な人なのに。
妙なものをあげてしまったものだ。
困らせてしまったんだろうな。すみません。僕の思慮のなさに反省。
庭で元気に大きくなっているそうだから、それはいいんだけど。

建築 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<セイヨウアサガオ | HOME | 今年はサッパリの紅葉>>
「東リ」のハイグレードラグマット&カーペットをお好みサイズでイージーオーダー

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。