ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

元永定正さんのライブペインティング

元永さんライブペインティング


現代美術家の巨匠、元永さんの展覧会に行ってきた。

彼、そして奥様の中辻さんとは十年ほど前から親しくしていただいている。
そのお付き合いはは阪神大震災の折に、何かお役に立ちたいという彼を建築家の安藤さんからご紹介いただき、私が担当していたプロジェクトで巨大な屋外彫刻を制作していただいたことに始まる。

震災、あれは1995年だったから、10年以上経ったんですね。
もう、現地を歩いてもあの惨状を伝える物質的なものは目に入ることはないけど、今から思えば私の人生もあそこから大きく変わり始めたのでしょう。

さて、展覧会。
数年前に80歳の誕生日にご招待いただいたわけだから、相当のご高齢だ。
(少しお痩せになったような…)
その元永さんが、こうやって大きな作品をライブで制作されていた。
眺めては色を選び、首をかしげ、紙コップに入れた絵の具をキャンバスにぶつけていかれる。
その手に迷いはない。
こんなもんだ!って感じです。

出来上がった作品を見て、その発想のおもしろさに驚きもするし(あきれたりもする)、筆の緻密さと大胆さに驚嘆もするのですが、このライブはバサリバサリと元永ワールドを色に託して表現したというところなのでしょう。

こういうのを見ると、自分の才能に自身を持て、と改めていわれているようで、うれしくなります。


ちなみに、元永さんの展覧会は大阪高島屋を皮切りに、名古屋、東京、米子、新宿と続いていきます。(いずれも高島屋)
ぜひ、ご覧あれ。
私は彼の作品が好きです。
リビングにも大きなリトグラフを飾っています。
いいですよ。
そんなこともある | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<シイタケ | HOME | 白川郷と白山スーパー林道に行ってきた>>
「東リ」のハイグレードラグマット&カーペットをお好みサイズでイージーオーダー

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。