ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

酷暑と庭のダメージ

カタツムリ

パーゴラを這うでんでんむし。

連日の酷暑である。
連日の株価下落である。
甲子園では連日の熱戦である。
やたらとセミが鳴いている。
そんな話題にももう飽きた。

庭では
スイレンが咲いている。
ムクゲが咲いている。
ヂュランタタカラヅカが咲いている。
タマスダレが咲き始めた。
どういうわけか、池の水が澄んでいる。

ああ、そんなこともどうでもいいくらいに暑い。
まるで深まる秋のように、落葉が道路をカサカサと音をたてて滑っていく。
公園のコブシやモクレンの木、街路樹のハナミズキが息絶え絶えになっている。水切れでたくさんの木々が枯れてしまうだろう。
木が葉を落として身を守るという程度で済めばいいが、もう限界を超えているだろう。

我家でも玄関のヤマボウシの葉先から枯れてきた。
盆栽もちょっとの油断で、4鉢ほど瀕死状態。

暑いのはいいのだが、少しくらい雨が降ってくれないものか。
今日こそどさっと夕立が降ってくれないものか。
でないと、庭のでんでんむしも干からびてしまうじゃないか。


庭の景 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<サルスベリミニ盆栽 | HOME | ベタが来た!>>
「東リ」のハイグレードラグマット&カーペットをお好みサイズでイージーオーダー

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。