ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ナツツバキ

ナツツバキ

ナツツバキ
盆栽用語ではシャラともいう。
花の小ぶりな「ヒメシャラ」は一時庭に植える木として流行ったこともありました。

平家物語の冒頭の「祇園精舎の鐘の声,諸行無常の響きあり,沙羅双樹の花の色,盛者必滅の理をあらはす」の沙羅。
釈迦が「形あるものは必ずこわれ、生あるものは死ななければならない」と最後の説法をしてこの木の下で涅槃に入ったとされている沙羅双樹。そんな理由で寺院の庭に植えられてきました。

これがかの有名な沙羅双樹ですなどと解説する人も見かけますが、全くの別物です。
日本で植えられているのはナツツバキ。インドの沙羅双樹は温室で見ることができます。

朝開き、夕方には散ってしまう清楚な一日花。

私の目の前のナツツバキも、今の時期、たくさんの花をつけます。
そして、その花の落ちる瞬間はまさしく「はかない」ものです。
フッと枝から離れてポタリと落ちます。あとは残された枝が揺れているだけ。
落ちたナツツバキの花


ん? 今日はなにをいいたかったんだ?
庭の木や草花 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<あのシャスターデージーはどうなっただろう | HOME | クチナシの匂い>>
「東リ」のハイグレードラグマット&カーペットをお好みサイズでイージーオーダー

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。