ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ヒヨの子育て

ここ数日、我家の庭は賑やかだ。
仕事場にしている部屋の窓際など、私の目の前にカラスが止まり、びっくりさせられる。
ということは、「そろそろあの季節」だ。

ヒヨドリの雛



そう。庭にヒヨドリのヒナが走っている。

コナラの木の上のほうに巣があるのだが、そこから巣立ったヒナだ。
まだ飛べないので、羽を広げてバタバタと庭や駐車場の辺りを走り回っている。
親鳥が餌を運んでくると、草の間からギャーギャーと泣き叫ぶ。

カラスが心配。交通事故が心配。
そして、一番の心配は、庭の池に落ちないかと心配。
近所の友人いわく、まるで、親のように心配しているなあ。


庭の動物・虫・魚など | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<修学院離宮 | HOME | フラ(アロハ サマー フェスティバル IN OSAKA)>>
「東リ」のハイグレードラグマット&カーペットをお好みサイズでイージーオーダー

この記事のコメント

ヒナに対する親心、分かります。
外には色々と敵がいますからね・・・
それに、泣き声が聞こえないと心配になりますし(^_^)
また寄らせていただきます。
2007-06-01 Fri 15:59 | URL | まだまだ現役 [ 編集]
雛がいるのは一瞬ですね。
たぶん3日くらいですね。
すぐに飛べるようになるのですが、それまでが心配で心配で。
コメントをありがとうございました。
2007-06-08 Fri 23:07 | URL | どろあし [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。