ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

楽しい季節がやってきた

楽しい季節がやってきた。
セリーグ開幕!ナイターが毎日楽しめる。
統一地方選挙!どんな人が当選するかな。
春だ!庭が一気に華やかになる。山歩きも楽し。


とはいうものの、選挙の時、いつも思うことがある。
この候補者は何をしようとしているのかな、と
「公約?」に目を通すのだが、たいていは期待を裏切られる。

実は、今回もそう。
教育改革、福祉、環境対策……
うんざりだ。
そんな流行(はやり)のキーワードの羅列なんて聞きたくもない。

まさか、
「教育改革」=行き過ぎた愛国心の強要と間違った歴史認識の継続。
「福祉」=ばら撒き。特定の個人へ税金を献上すること。
「環境対策」=規制強化。役人の権力拡大。
じゃ、ないですよね。
あなたのいう、教育改革ってなんですか?。
中身をいわないと、わかりません。

というか、私がいつももっとも注目しているのは、
「行政改革」あるいは「行財政改革」です。
教育を改革するにも、福祉で金を使うにも、実施するのは公務員です。
この人たちの質の向上があって、より効率的で意味のある施策ができるんじゃないですか。
それに原資も必要。
どこの府県も市町村も赤字経営。
こんな状態で、新たに金を必要とする施策をやろうというのだから、どこかを削らないと。

公務員を半分に減らそうというのが私の持論です。
公務員が全国の就労者の1割近い状況ってのは、おかしいと思いませんか。
数の問題もさることながら、不良公務員を一掃すれば、きちんと働いている公務員にはもっと温かい目が向けられるというもの。

候補者の皆さん。
「市民の目で、行政を監督監視し、きちんとした組織に立て直していく」
という公約を語れませんか。

市民も、県庁や市役所にもっと足を運び、たまには上の階にも行ってみたらいいと思います。
何もすることがない男が、アルバイトの女性に事務作業は任せて、暇そうにスリッパで、ぺったりぺったり徘徊している。
こんな人の給料と他人に言えないさまざまな特典は、私達の税金から支払われているんだということに、もっと怒りを持つと思いますけどね。

(政治家にやる気がないなら、市民が単に役所の廊下を歩き回るだけでも効果はあると思います)




あれ、また愚痴になってしまった。
「楽しい」話をしようと思ったんだけどな。

そんなこともある | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<読売新聞 | HOME | ダリ展>>
「東リ」のハイグレードラグマット&カーペットをお好みサイズでイージーオーダー

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。