ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ガーデニング?

庭の紅葉が日々移ろっていく。
我が家の庭の紅葉する木はナツツバキ、ヤマボウシ、ハナミズキ、ヤマモミジ、コナラ、アジサイ。
盆栽では、ケヤキ、イチョウ、ハゼ、プラタナス、サクラ類、ツタ、アキニレなどなど。
樹種によって、また木一本づつ紅葉のタイミングは違う。
もちろん陽の当たり具合などでも変るが、やはり樹種固有の違いの方が大きいように思う。
今、私の仕事場の目の前のナツツバキの紅葉は盛りが少し過ぎた。ヤマモミジはまだ始まってさえいない。コナラは緑の葉が薄くなり、黄色と茶色が混じり始めたというところ。
新緑に続いて楽しい季節だ。


ところで、
先日お会いした人から、仕事のことを聞かれ、
インテリアや庭のデザインですと応えたところ、
ガーデニングですか、と返された。
いえ、ガーデニングではなく庭のデザインです。
ガーデンデザインでもありません、と訂正させてもらった。

以前から私が言い続けているのは、緑化ではなく庭づくりをしましょうということ。
決してガーデニングをしましょうということではない。
そしてもう一点は、所有している人自身が楽しむためのスペースであるということ。つまり、基本は楽しむための緑の空間であるということ。

庭のデザインのスタイルにはいろいろな種類があると思う。また、楽しみ方にもいろいろあっていいと思うし、流行として移り変わってもいいと思う。
庭ブームに火をつけたイングリッシュガーデンでさえ、私はいいと思うし、和の空間もようやく再認識されてきた感があり喜んでもいる。

私がデザインしているのは楽しむための庭の形であって、「ガーデニング」の花のチョイスやレイアウトだけではない。クライアントの庭づくりの楽しみそのものを、「形にするとしたらこうじゃないですか」ということなのだと思う。


庭の景 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<正月から腰が痛い | HOME | 惚れ惚れする擁壁>>
「東リ」のハイグレードラグマット&カーペットをお好みサイズでイージーオーダー

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。