ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

巨大太陽フレアがくる

このところ、ブログはほほ休眠状態になってしまいました。
昨年春にフェイスブックを始めてから、そっちばっかりで。

しかしまあ、フェイスブックとは違い、ブログのよさもあるわけで。
ブログの方は長い文章が書けるのは言うまでもありませんが、「記事として残す」といういう意味では、ブログに軍配が上がります。
そして僕が最も重要だなと思うのは、次の点。
フェイスブックは、「楽しいこと」「見てみて、私ってこんなにすごい」ということを書かなくてはいけないわけで。
(そう決められているわけではありませんが、暗黙のルールってものが)
対してブログは、何を書こうが勝手です。
嫌味を書こうが、愚痴ろうが、批判しようが。

ということで、ブログの方も、再出発しようかと思っています。



さてさて、タイトルどおり、巨大太陽フレア。

NASAの発表によれば(伝聞によれば)、今年2013年5月ごろに、「巨大な太陽フレアが地球を襲う可能性がある」とのこと。

これを聞いて、少々憂鬱になりました。

その被害のことで頭を悩ませて?

いえ、そういうことじゃないんです。

被害といえば、「地球を石器時代に戻す」とうセンセーショナルなタイトルをつけた記事もありますが、まあ、そうなならないでしょう。(根拠のない期待です)

しかし、もし巨大な太陽フレアが地球を襲ったなら、
地球規模の通信障害。
携帯電話も使えないし、無線も使えないし、GPSも故障で。
ありとあらゆる経済活動、輸送分野、生産の現場、もちろん日常生活も、大ダメージを受けることになります。
一説には、太陽光発電のパネルも使い物にならなくなるとか。

ただ、地球には磁場というバリアがあって、これが太陽から送られてくる「地球にとって有害な」光線あるいは粒子を阻んでくれているのです。
残念なことに、この地球の磁場が、これまでにないほど、弱っているという情報もあり、今回の太陽フレア襲来が取りざたされているのです。

なんとか、事無きを得たいものですが、こればかりは誰も確約してくれません。



で、
僕の憂鬱の種は、別の次元。

実は、今、連載中のSF長編ミステリー「ロア・サントノーレ」は、この太陽フレアの襲来が、物語の背景となっています。
読んでくれた人は、「ははあ、さては今年の太陽フレア襲来話がネタだな」と思うことでしょう。
それが嫌なんです。

そうじゃないのに。
今年、そういうことが予測されているなんて、知らなかったし。

自分の作品の「オリジナリティ」が損なわれてしまったようで、残念なのです。


ということで、連載中のSF長編ミステリー「ロア・サントノーレ」はこちら。

そんなこともある | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<久しぶりに庭の改造 | HOME | カマキリがメダカを食うシーン>>
「東リ」のハイグレードラグマット&カーペットをお好みサイズでイージーオーダー

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。