ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

金星・月・木星 一直線の天体ショー




空中庭園のスタッフブログを読んでいて、ああ、そうだったのか、と思ったこと。

その夜、妻と夜の街を散歩していました。
そして夜空を見上げて、おおっ、珍しいぞ、宵の明星と月と、もうひとつ明るい星なので木星か、がきれいに並んでいる!
と、はしゃいでいたのです。
その前日は、薄べったい二等辺三角形でした。

と、それだけで終っていたのですが、空中庭園のスタッフブログを見てびっくり。

なんと、なかなか珍しい天文ショーだったようです。

で、早速、国立天文台のサイトへ。

トピックスとして記載してありました。

3月下旬は、木星と金星の近くを細い月が通り過ぎていく様子を観察することができます。明るい惑星と月の接近はとても美しく、見ごたえがありますので、ぜひ観察してみてください。月は25日に木星の少し下側に見え、26日には金星と木星の間に見えます。そして、27日に金星に近づき、その後、離れていきます。特に26日は金星、月、木星がほぼ等間隔で縦一列に並び、とても美しい光景になるでしょう。

とのこと。

なるほどねえ。
夜の散歩も捨てたものじゃないってことですね。


だいたい、星や宇宙には常に関心があります。

なぜかって、今、書いているミステリーがSFだから。
それに、毎日、夕飯を食べる時間帯のテレビ番組が、ナショナルジオグラフィックの「宇宙」シリーズだから。


ということで、
生駒三条ミステリーシリーズの「ニューキーツ」を、もうお読みくださったでしょうか。

長い長い話ですが、いよいよ、終章に近付いてきました。
本来は、3月中に完結予定だったのですが、4月に少しずれ込みそうです。
ご評価ならびにご感想をお待ちしています。

久しぶりの自信作ですし、絶対に面白いと思いますから、と自画自賛。


街歩き観察 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「万博記念公園”生物多様性の10年”行動計画」についての意見 | HOME | 春一番の庭仕事>>
「東リ」のハイグレードラグマット&カーペットをお好みサイズでイージーオーダー

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。