ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

千本閻魔堂大念仏狂言

昨年、京都の八幡で千本ゑんま堂の狂言を見ましたが、それが気に入って、今年はその本拠、閻魔堂に見に行きました。

昨年に狂言を見たときの記事はこちら

千本閻魔堂には始めて行きました。
屋外で会場です。

千本閻魔堂大念仏狂言

時は5月5日。
午後1時からの公演です。
場所取りをしないといけないということで、11時半に到着。
そのときすでに、炎天下にこれくらいの人が。
弁当食ったり、ビール飲んだりして、皆さんおおらかにお待ちです。


演目は、以下のとおりです。

午後1時~5時    演目名  1 えんま庁
                2 悪太郎
                3 末広
                4 伯母ヶ酒
                 5 芋汁
                6 土ぐも
 
午後6時~9時    演目名  1 道成寺
                2 いろは
                3 牡丹獅子
                4 千人切り

撮影した写真を少々掲載します。

千本ゑんま堂狂言
千本ゑんま堂狂言
千本ゑんま堂狂言
千本ゑんま堂狂言
千本ゑんま堂狂言
千本ゑんま堂狂言

最初の演目、「えんま庁」から最後の「千人切り」まで、とおしで見ました。
延々、8時間。
なかに休憩はあるというものの、なかなかしんどい。
なにせ日差しは夏のよう。

私達のように、まる一日、見る人なんていないだろうと思っていましたが、なんのなんの、案外皆さん座りっぱなし。



なぜ、千本ゑんま堂の狂言が好きになったかは、以前の記事にも書きましたが、そのおおらかさというか、親しみ感というか、演者が近いというか。
保存会の皆さんが練習して、これだけのものを演じることができるということに感動するということです。
素人というと保存会の皆さんに申し訳ないのですが、すばらしいと思うのです。


休憩中に、舞台上では練習が行われ、それをまた観衆が見るというアットホームな感じ。
いいじゃないですか。


すべて終わって、閻魔堂の中で閻魔さんの前で、おかじをしていただき、面白かったなあと引き上げました。
とても満足した一日でした。



この話を友人達にすると、一様に、「暇なんか」といわれますが、違います。
こういうことに一生懸命になる充実感がわからないかなあ。


未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<名古屋港水族館の亀類繁殖研究施設 | HOME | 新しい大阪駅のこと>>
「東リ」のハイグレードラグマット&カーペットをお好みサイズでイージーオーダー

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。