ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

手入れのしない庭

久しぶりの更新だ。
雨が多いな。

昨日、知人が家の改装をするというので、リフォーム会社を連れて行った。
昔ながらの農家で、立派な木造の建物だ。

玄関先までは、米をもらいに入ったことがあるのだが、
昨日は奥の奥まで入れてもらった。
門を入って母屋に至るまでに立派な庭があるのだが、
なんと、裏庭がまた立派だ。

多くの木が姿よく植えられている。
苔むした地面にはエビネランの群落が。
ちょうど満開の見ごろを迎えていた。

しかし、若干、荒れた気配が。

奥様が私の目線を察して、
「手入れを全くしていませんから」
と。

「いえ。手入れをされていないでこれだけの風情があるというのは
いい庭だということですよ」
なんて、返した。

そう。そう思う。

骨格がしっかりしていれば、少々のことでは景色はびくともしない。
大きな木や石や、園路やつくばいや靴脱ぎ石や石垣などが、
きちんと収まるところにあり、それぞれがいい雰囲気をかもし出していれば。

そして建物そのものも。

そういったものがいい加減であれば、たくさんの花でカモフラージュしなくてはいけなくなる。
(決して花づくり趣味をおとしめているわけではありません)
華やかさがなくても、美しく風情のある庭は良いということです。

もう少し、こういういい庭を普通の個人が持たれていて、
愉しまれているということにも目を向けたいですねえ。
ま、その裏庭はお住まいの方と訪れた客だけが楽しむことができるわけですが。


さて、少しご紹介。
大阪はミナミの法善寺横丁。
そこにおすすめの餃子屋があります。
「天華」
サイトはここです。
http://www6.ocn.ne.jp/~tenka/
是非、一度。
よその庭観察 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<大住園芸展 | HOME | フジの花>>
「東リ」のハイグレードラグマット&カーペットをお好みサイズでイージーオーダー

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。