ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ミステリー置場に悩んでいる

拙作ミステリー「ノブ、ずるいやん」の置場に悩んでいます。

元は、友人のサーバーに置かせてもらって公開していたものですが、サーバーを閉じるということで、現在は読んでいただけない状態になっています。

もともと、これは改定してはいくつかの文学賞に応募したもので、いい成績は残せなかったものの、改定した回数分だけ個人的な思い入れは強い作品です。




オンライン小説の場合、悩みは次の点に尽きます。

●多くの人に読んでもらいたい!!(楽しんでもらいたい!!)
●無防備に自分の作品をウェブ上に晒すのは、躊躇してしまう

そしてこんな悩みもあります。

●モバイルで読めるようにしたいが、手間が…
●あまりにレベルの低い作品群と同じところに並べたくない
偉そうなことをいうようですが、これって大事だと思います
自分の作品にこだわりを持っているわけですから、恥も外聞も捨てて世に晒したくはないのです。
●上記と同様の意味ですが、アダルト系コンテンツと並べたくない
それに、実際、アダルト系の人気度は、純文学系や私のミステリーなどと比べると、圧倒的な差があります。
アダルトと違って、名もなき素人作家の純な作品なわけですから、読んでもらえること自体が稀有なわけです。
アダルト作品の中に埋没してしまうことほど、むなしいと思うことはありません。


私と同じようなウェブ作家さんは、みなさん同じような悩みを抱えておられることだと思います。
その作品の完成度が高ければ高いほど、思い入れが強ければ強いほど。
ほとんどの作家さんは、結局、もう諦めちまって、溢れかえった膨大なコンテンツの中に埋没するに任せている、という状況ではないでしょうか。





さて、オリジナル小説をウェブにアップする手段として、
選択肢は主に、以下の4個ではないでしょうか。



①オリジナルサイトとしてアップし、ウェブ小説リンク集などに登録する

自分お好きにできるが、読んでくれる人は少ない(集客・広告する手が限られているので)

以前、やっていた方法です。
(というか、それしか方法がなかった)



ウェブ小説専用サイトにアップする

そのサイトのコンテンツのひとつとして登録するというイメージですね。
場合によって、有料コンテンツとすることができるサイトもあります。

しかし、有料とすれば、読んでくれる人は極めて少ないというネックがあります。
しかも、専用プログラムのダウンロードとか、マックでは読めないとか、読者を躊躇させる要素がたくさんあって、読者数の拡大は本当に難しいものがあります。


「伏流水」という作品と「ノブ、知ってたん」という作品はこの方法で、お披露目をしていますが、残念ながら、読者数は一向に増える気配がありません。

実はこのふたつ、有料作品にしているのですが、素人作品をあえて有料にすることで、ちょっと目の肥えた読者に選んでもらえるのではないか、と考えたわけです。
(つまり溢れかえったレベルの低い作品じゃないよ、という主張をしているのですから…自分勝手な思い込みではありますが)
しかし、やはり、この思い上がった考えは見事に打ち砕かれました。



③ブログサイトとして小説をアップする

通常、ブログはモバイルでも読めます。
きっとお気軽に読んでもらえる条件が整っていると思います。

ですが、他の作品群のレベルが…
(偉そうなことを言うようですが)
それに、モバイルに適した文章に改定しないといけないな、と思います。
つまり、長い文章はダメ。これでもかというくらいに短いセンテンスと、早い場面展開など。
その手間があったら。新しい作品を書きたいと思います。



④文学関係のSNSに投稿する

読んでくれる人は多いかもしれません。
でも、モバイル対応はないと思った方がよさそうです。

しかも、(ここが私の身勝手なところですが)あまり濃密なコミュニケーションも苦手です。
苦手というより、面倒な気分になるに決まっています。






ということで、大いに悩んでいるのです。

早くリンク切れ状態を改善したいと思うのですが、
こればかりは、
一旦、アップすると、おいそれとは引っ越しできませんので。


あまり手間は掛けたくないですし……
かといって、気持ちの上で、もう捨ててしまって、というのもイヤですし……



そんなこともある | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<神戸長田の鉄人28号プロジェクト | HOME | 松井山手駅のツバメの巣>>
「東リ」のハイグレードラグマット&カーペットをお好みサイズでイージーオーダー

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。