ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

庭のデザインは難しい

先日、私が外構(庭)のデザインをした建物の竣工記念式典が行われました。
300人ほどが集まった盛大な式典でした。

緊張しました。

ポプラの庭

これがその一部です。
(あいにくの雨模様の日で、フォトが暗いのが残念です)

popura2.jpg

メインの庭の方の一部。
既存樹があったので、それを活かしています。
(結果的になんとなく、いわゆる和洋折衷スタイルになりました)
今回はローメンテナンスを前提にしてかん木類を多めに入れています。


あまり気をてらわずに、でも、庭らしく見えるように工夫しています。
そして、使われる人が「これから自分で楽しむ部分」も残してあります。


で、なぜ緊張するかというと、
式典出席者のほとんどの人は(クライアントも含めて)、初めてこの庭を目にするわけです。

もちろん工事中に少しは目にはされているでしょう。

でも、まともに説明を受けているわけでもなく、どんなものができてくるのか、皆目見当が付かない中で、ドンドン木や草が植えられて、あっという間に出来上がるわけです。

そしてお披露目。

お客様が「喜んだ顔」をして下さったら、私は「よかった~ホッ」となりますし、お客様が「唸ってしまわれたら、わたしは小さくなってしまいます。





それなら初めから、ちゃんとデザインを説明しておけばいいじゃないか、ということなのですが、
庭の場合はとても難しいのです。


まず、お客様は木の名前も、ましてや草の名前さえご存じない状態で、いくら説明しても説明しきれるものではありません。

②パースを書いても、建築空間のように分りよく表現できるものでもありません。
(普通はプレゼンテーションのための余計な費用はいただきませんし)


季節によって庭の景色は一変します。
いつの時点ではこうなってああなって、数年すればこうなってああなって。
そして5年も経てば…。
昼間は全体としてこういう景色になるだろうけど(周りも見えるので)、夜は照明効果が発揮されるので、たぶんこうなるでしょう…

てなことを苦心して説明しているうちに、お客様も「もう、任すわい」ということになります。


任されたからといって、好きにやればよいという意味では決してありません。
最終的に「気に入るかどうか」はお客様の手にあるからです。
私は、たぶん、気に入ってもらえるはず、という「信念!」のもと、
形を決め、土地のアンジュレーションを決め、図面上で植える植栽の配置や植栽密度を固めていきます。
そしてこんな風に照明を当てて、と考えます。
コストが合わん、とかなんとかいいながら。


そして工事を迎えます。

が、思ったとおりのものができる保証はありません。

木は一本一本の形が違います。
設計では高さ30cmのかん木を指定していても、工事現場に運び込まれてきたものは50cmもあったりします。
その逆もあります。

ゲッ、というところに排水用の大きな枡が来ていたりします。
例えば2枚目の写真の右端にアイランド型の花壇がありますが、なんとここに巨大な排水枡があるのです。(これを隠すために花壇を…なんで庭の正面の真ん中に排水枡を持ってくるんだ!!)



と、、臨機応変に、その場その場で設計変更をしていきます。





お客様は楽しみ半分・不安半分でその様子を見ておられるのでしょう。

ほとんど何も知らされずに。




で、できました! というのが竣工なのです。

ですから、「竣工がプレゼンテーション」。
私がよく言う、「結果がプレゼン」です。

だから、晴れがましくもあるけれども、緊張もするのです。






たぶんこの庭はきちんとメンテナンスされて、しゃきっとした庭として成長していくでしょう。
今は、植えたばかりで、バサバサした感じがそこかしこに見えますが、
きっと、すっきりしつつも華やかで、しっとり感もある庭に育っていくことでしょう。

デザイン | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<すべては予定通りには… | HOME | 大住春の園芸展のこと>>
「東リ」のハイグレードラグマット&カーペットをお好みサイズでイージーオーダー

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。