ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

最近の庭の様子と「池の鯉を水槽に移すプロジェクト」最終章

今日はこのブログの初心に帰って、我が庭のご紹介だ。

春が一気に進み、スタジオとしている仕事場のPCの前からも鮮やかな緑が山盛りだ。

niwa5-2009.jpg

この左手が私の仕事場です!

niwa4-2009.jpg

で、細長い庭を反対側から見るとこんな光景。

niwa5-2009_20090509120853.jpg

リビングの前のテラスの当たりも緑で一杯。




さて、昨年夏から始めていた「池の鯉を水槽に移すプロジェクト」
(覚えていませんよね)
その跡地がどうなりつつあるか。
が、これ。

niwa2-2009.jpg

盆栽棚を移動してきました。
妻と二人がかりで始めたものの、
「おい、誰か呼ぶか…」
重いのです。このアスロックの板が。
約10m移動するのに、何度置いて手の痺れを緩めないといけなかったことか。
友人は手伝ってやるよ、と言ってくれますが、わざわざそのために一日かけて来てもらうのもなあ、
ということで、力の弱り始めた(腰も痛いし、肩も痛いし、肘も痛めている)夫婦の仕事です。

ここが池だった頃の様子
「池の鯉を水槽に移すプロジェクト」の最初の頃の記事
以前のサイトで書いた池の管理ページ
(古い記事ですが鯉とスイレンが自慢でした)

思えば、1年がかりですなあ…
(先日、娘が庭に出てきて、元池のあったところで、ポツン、なんとなく寂しいね…)
「池の鯉を水槽に移すプロジェクト」これにて終了とします。

「池の鯉を水槽に移すプロジェクト関連記事一覧」





で、元盆栽棚のあったところは、

niwa1-2009.jpg

実は、この場所が狭い我が庭の中で最も日当たりが良い場所なのです。
そこを盆栽棚が占めていました。

なんか「ガーデニング」っぽい雰囲気にしようかと模索中。
で、とりあえず、コスモスの種をばら撒いときました。
(なんだ、そのワイルド感は!  どこがガーデニングやねん! という声が聞こえてきそうですね。)




ここに住み始めて10数年。
庭は色々と変わりました。

昔作った私のホームページに、初期の頃の庭の様子のフォトがあります。
見比べてみてください。
自分流に愉しむ気ままな庭づくりの中のとあるページ

緑の力はすごいですね!

こんな大きな変化をする「庭」のデザインを仕事としているわけですが、「たぶん数年でこうなっていくよ」ということを発注者に方に理解してもらうのが大変です。






さて、今日は久しぶりのブログ更新なので、おまけ付です。
今咲いている花あれこれ。

kutibenisiran2009.jpg
クチベニシラン(なつかしいなあ…書き出すときりがないので書きません)

siran2009.jpg
いわゆる普通のシラン(はっきり言って好きです…庭の設計でもよく使います)

yuriopusudeiji2009.jpg
ユリオプスデージー(大きくなると乱れに乱れて)

satuki2009.jpg
いわゆるサツキ(これはピンクと白が混じって咲きます…後ろの丸いのは池に放り込んであったスイレン鉢)

P1020329.jpg
実はこれが私の一番の自慢だったりして。テイカカズラ(リビングの正面にドバーと這っています)

seiyouiwananten.jpg
セイヨウイワナンテン(設計ではよく使いますが自分の庭になかったので、2年ほど前に植えたもの)


花の写真といえば、数日前まであんなにきれいだったモッコウバラやハナミズキのフォトを取り忘れたのが残念です。


庭造り | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<デザインの手法(スタイル)について | HOME | 悲しいことに鯉が>>
「東リ」のハイグレードラグマット&カーペットをお好みサイズでイージーオーダー

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。