ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

悲しいことに鯉が

昨年、あんなに盛り上がって書いていた「池の鯉を水槽に移すプロジェクト」

残念なことに、ここ2週間ほどのうちに、バタバタッと死んだ。



気にはなっていた。
鯉に元気がない。
餌の食いが悪い。
そこの方でじっとしていることが多い。
つまり水質が落ちている。


水替えをしなくては…

が、時間がない。

水替えといえども、手早くしても3時間ほどはかかる。

ということで、あと数日は我慢してもらうことにした。



しかし、鯉にしろ、金魚にしろ、もう限界だったんだよね。
本当に限界に来ている人に、後3日我慢しろ、といってももう、無理~。



体長20cm以上はある鯉が二日続けて死んだ。
金魚の方は、16匹のうち9匹が死んだ。


毎夜、埋葬の儀式を庭でするもの、悲しいので、
すべての「仕事」を無視して、どんなメールも無視して、電話も無視して、
打ち合わせに来いというのも無視して、
巨大水槽2台の水替えをした。
水替えだけではない。濾過槽の掃除もした。
水槽のガラスも磨いた。

本当は、こんなことをしてはいけない。
水替えは水替えだけし、濾過槽の掃除と一緒にしてはいけない。
水質が激減してしまうから。

が、
今回は、これだけの魚が死んだわけだから、そんな悠長なことは言っておれなかった。





ああ、やれやれだ。
実はミニ盆栽の植え替えは2年連続できず。
大事に大事に育ててきた鯉を死なせてしまった。

普通の暮らしに戻らなくては。
「忙しい=充実」ではないのだから。



庭の動物・虫・魚など | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<最近の庭の様子と「池の鯉を水槽に移すプロジェクト」最終章 | HOME | 滝見小路の詩>>
「東リ」のハイグレードラグマット&カーペットをお好みサイズでイージーオーダー

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。