ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ユーモアのないおっちゃん

こんな話、知ってます?

ロンドンの大きな駅で数百人が示し合わせて集まり、
なにくわぬ顔でてんでばらばらに歩きながら、
ある時刻になった瞬間、いっせいに体の動きを止めたんだと。
数分間?

事情を知らない人は驚いただろうね。

その間、世の時間が止まったかのような錯覚を覚えたかもしれない。

で、いっせいにまた歩き始めたんだと。

その時、拍手がおきたらしい。
駅員もおもしろがって見ていたらしい。
楽しい寸劇?よかったよ!ということですね。



さしずめ日本なら、どうなっていたかなあ。
僕らはどんな反応をしたろうか。



ロンドンもテロに晒されて、そんなのどかなユーモアを許容できないかもしれませんね。
(上の話がいつごろのことかは知りません。もしかするとつい最近かも)


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

先日、親しい人が落ち込んでいました。
僕はなんとか慰めようと思い、楽しい話のひとつでもしようとしながら、上手くできませんでした。

気を紛らわせるようなおもしろい話を、落ち込んでいる人に向かってできる能力というか、
パワーというか、引き出しというか、懐の深さというか、は
僕ら凡人で理屈っぽい人間には、なかなか備わっていない芸当ですね。

励ましたり気分を奮い立たせたりは、そして慰めたりはなんとかできるんですが、
他人の気を紛らわせるというのは難しいものだなあと思います。


そんな僕が、エンターテナー気取りでミステリー作家志望だなどといっているのですから、
我ながら片腹痛いものがありますね。


そんなこともある | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<偽りって……人のため | HOME | 本音が見えた!>>
「東リ」のハイグレードラグマット&カーペットをお好みサイズでイージーオーダー

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。