ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

草は歩く

ボケのミニ盆栽

このミニ盆栽はボケ。十年ほど前に大阪の長居公園(大阪女子マラソンで有名・松野明美頑張れ・アベ道間違うなよ・いつの話や!)の園芸売店で購入した苗木をチョンチョンに短く切り込み、盆栽仕立てとしたものです。

長居公園は大学生の頃、よく、ジョギングに行ったので思い出のある場所。という意味で、この盆栽も思い出の一品です。

畑で太らせてから短く切ったものではないので、幹は太くはありません。
格好はどうです? 人様から見れば変な格好でも、私にとってはかわいい奴です。

さて、次の写真は、拙宅の庭の池の周り。
シャガが池を回りこむ

何を見て欲しいかと言うと、写真右手の草。シャガです。
こいつは池の向こう側に植えていたもの。それが約六年ほどの間に池を回り込んで移動してきました。その距離六メートル。
光を求めて、一年に1mの歩行距離ですね。
植物は案外、したたかで、強靭です。



で、余談。
昨日の新聞を賑わした堀江氏の保釈。
検察の幹部が、世間の子供たちのために拝金主義をいさめた、というようなことを語ったとか。
憮然。唖然。
検察にそんな資格はないだろう。職権逸脱。思想や主義主張を元に逮捕や起訴はできないだろう。
額に汗して、とか、錬金術とか言われたが、それは巨額の金を持って安い賃料で人を働かせてますます太っている側が市民に刷り込んだ論理。
社会を牛耳っている側が、眉をひそめる堀江氏の活躍をやっかんだだけといわれても仕方がないのではないか。(逮捕が間違いだといっているのではない。報道の偏りを批判している)
学生で起業し、あそこまで上り詰めた堀江氏が社会に振りまいた「夢」の功績も忘れてはいけないだろう。その夢は「一攫千金」ではなく、能力を活かし、自分を信じ、一所懸命に営業周りをし、勇気を持って事に当たれば、成功が見えてくるというものだったのだから。
(一部の経営者は、従業員にそんな余計なことを考えずに、頭を空っぽにして体を動かせ、と言うんだろうけどね)

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

庭の木や草花 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<切り取られた景 | HOME | トキワマンサクのミニ盆栽>>
「東リ」のハイグレードラグマット&カーペットをお好みサイズでイージーオーダー

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。