ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

池の鯉を水槽に移すプロジェクト(これで中締め)

上下二つの水槽
ついに、池の鯉と金魚を水槽に移し終えました。
2ヶ月かかったことになります。

(もっとさっさとやればよかったのですが、ま、これもボチボチ楽しみながらということです)

水が緑がかっていますね~
背景に黒いシートでも貼ればいいのでしょうが、僕はこの後ろが見えている透明感が好きですね。

水が緑がかっているのではありませんよ。(少しはそれもあるのでしょうが)
もともとガラスが完全に透明ではないからです。
ガラスの小口を見るとわかります。緑がかっていますよね。
この透明度の高いガラスは高級品ということになります。
素人が購入する水槽はこんなもんでしょう。


ところで、ひとつふたつ勉強をしました。

まず、鯉の寿命。

なんと、ウィキペディアによれば、管理下で飼えば50年!!ということらしいのです。
せいぜい20年かなと思っていましたから、驚きです。
ということはうちの鯉はまだ十年そこそこですから、まだまだガキンチョということになります。
中には200年も生きる鯉がいると記された文献もあるとか。
唸ってしまいますね。
(僕が死んだらこの鯉はどうなるんだ…)

次に、
錦鯉は新潟のある人がたまたま色の薄い鯉を見つけて改良したとのこと。
それもそんなに昔のことじゃない。江戸時代とかではありません。
僕はてっきり中国から江戸時代以前に入ってきたものだとばかり思っていました。

最後に、コメット。
これはアメリカで改良された金魚だそうです。
金魚といえば、これまた中国や日本が本場だと思っていましたから驚きました。
(あ、そうか。アメリカの中国人や日本人が…←なんの根拠もない思いつき)



水槽に入れてみて、金魚の「赤さ」に改めて見とれました。
水槽下の方にちらと見えている小さな金魚に比べて、池から移した全長10数センチの金魚の赤さは際立っています。
手前味噌のような気もしますが、はっきり言って、きれいです。

いつの日か、金魚すくいでもらってきたちびっ子金魚がこんなに立派にきれいになって。
なんとなく満足でうれしい日です。








鯉をそうそうそうで飼うなんて、邪道じゃないか、なんて言わないように。


どうでもいい話題の「鯉を水槽に移すプロジェクト」は一旦、これにて中締めです。


(きっと後日談はドンドン続きます)









庭造り | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<空中庭園展望台のカップル(連載2) | HOME | 庭が賑やかだ>>
「東リ」のハイグレードラグマット&カーペットをお好みサイズでイージーオーダー

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。