ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

庭が賑やかだ

今日は特別、庭が賑やかな感じがした。

もちろん、クマゼミがシャンシャンシャンシャン、アブラゼミがジジジーーーーーーとうるさいが、

まずは1。

例年のごとく、コナラの木でヒヨドリが子育てをしていたが、ちょうど巣立ちの季節だ。
今日、しっかりした羽ばたきで飛んでいくのを目撃した。

で、2。

池のカエルが3匹であることを確認した。
(なんでもない幸せ感というやつです)

で、3.
なんと、池に……


5月9日から連載中の、「池の鯉を水槽に移すプロジェクト」は、まだまだ継続中なのです。
娘が今日は休みで一日中、オリンピックを見るというので、「池に残った金魚を水槽に移すぞ」
と号令をかけた。
「えええっっっ! この暑いのに!!」
「秋まで待てるか!」
「蚊がおるやん! 夕方にしよ」
「夕方はもっと多いわい」
「んじゃ、夜」
「暗くて池の中が見えんやろ」
ということで、真昼間にまたまた網持って、となりました。
(5月18日記載のフォト付きブログを見てちょ…あれから2ヶ月もたったんやね)

で、ひとつの発見をしました。


金魚って、泥にもぐるんや!!


5匹の大きな金魚が池で遊んでいるのですが、4匹目まではたいした苦労もなくすくえたのですが、
最後の1匹がしぶとくて。
この子は池の底に溜まりに溜まった泥(というか落ち葉が腐ってふわふわになった沈殿物)にすっと潜って見えなくなってしまうのです。
何度やっても駄目。
さっと姿を消してしまいます。

1時間以上も粘ったのですが、今日は結局、すべての金魚を水槽に移し終えることはできませんでした。
(移し終えたら賑やかな水槽の「竣工写真」を掲載しようと思うのですが)


が、ココからが本題「庭が賑やかだ」に戻ります。

池の金魚をすべて水槽に移すことはできない!!!!
ということに気がつきました。

つまり!!

池には金魚(もしかすると鯉の)ベビーがわんさかいるのです!!!

もう、メダカの大きさになったやつ、1センチくらいのやつ、もっと生まれたてのやつ!!
みんなめちゃくちゃ無邪気に泳いでいます!!

今日、金魚をすくうついでに、池の中に入れていた睡蓮鉢(7月26日に池のスイレンの花を掲載)を池から出したのですが、その中にもメダカくらいの大きさの金魚のベビーが。

どうするよ。

池を埋め立てて、盆栽棚にしようという思惑は今年のことにならない予感がしてきました。
まさか、この池でもう何代目かになる金魚のベビーを見殺しにはできないしね。


ところで、金魚も3代目にはフナになる、と娘はいうのですが、ホントかね。
どう見ても、うちのは金魚だけど。
(ヒレの辺りに黒い斑点のあるのもいるが……)
庭造り | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<池の鯉を水槽に移すプロジェクト(これで中締め) | HOME | 京都猛暑日>>
「東リ」のハイグレードラグマット&カーペットをお好みサイズでイージーオーダー

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。