ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

池の鯉を水槽に移すプロジェクトその後

昨日は高校時代の同窓会。
相場は、昔話をして懐かしがって。

でも、昔、森田幸一?とトップギャランが歌ったように、「胸に棘挿すこと」もたくさんあったわけで。
つまり、棘挿した方の人間もいるわけで。

僕は、思慮もない若造で(当時も今も)、たくさんの人の気持ちを踏みにじり、そのことに気づきもしない厭な男だったのかもしれません。
同窓会はその懺悔の会、なのかもしれない。
ごめんよ・・・
もう、謝りようもない。相手は、30年間も棘の刺さったままの胸で……。
それでも同窓会に。

楽しさと、情けなさと、申し訳なさと、うれしさと、驚きと、

そして「暑さ!!!!!」と。

もともと、ここ最近、キャパシティがグンと小さくなっている僕の体力を、致命的なまでに削り取ってしまった一日でした。



で、さてさて、
こんな打ち明け話なんて聞きたくないよね。

池鯉水槽プロジェクトだ。

cometsuisou.jpg

デカイ水槽はもうなんども話した通り。
右の青い桶はギネスものコメットの一時隔離水槽。
で、今回の話は、
特注品の水槽台の下に見えている新しい水槽。

だいたいが、
ここに水槽を置くことになろうとは考えてもいなかった。
というか、全くもって思慮が足りなかった!
ので、水槽台を特注するとき、下の隙間の高さを、A4サイズのファイルが立てられればいいさ、という寸法にした。

普通の水槽はその高さじゃ入らんじゃん。
探しに探して購入したのは、ワイド900で高さ320のもの。
水槽の中に前からは手が入りません。
水槽台の横から手を入れてメンテナンスします。

現在、水漏れチェック中。
続きはまた今度。
(しつこいよね。このネタ)






庭造り | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<吉田拓郎 | HOME | 時をかける少女>>
「東リ」のハイグレードラグマット&カーペットをお好みサイズでイージーオーダー

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。