ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

鯉水槽の様子

鯉を池から水槽に移し替えて1週間が経った。

ここ1週間が正念場だ。

今の様子↓
鯉の水槽


とても反省している。

かつて、60cm水槽で熱帯魚をあれこれ飼っていた経験があり、いろいろな勉強もしたはずだった。
その時の経験をすっかり失念していた。

水槽に初めて水を入れた後、水が魚を入れるにふさわしい水になるまで1週間。
つまり、完全に塩素分が抜け、安定した水になり、そして水槽の水漏れがないか、濾過槽のポンプやエアポンプの正常に稼動するかを確認する期間だ。

その1週間は守った。

失敗はその後だ。

普通は、パイロットフィッシュ(我家の場合は金魚かな)を入れて水を作る。
つまり、洞窟探検のときに持っていくカナリアみたいなもんだ。

そしてパイロットフィッシュにはもっと大切な役割がある。
魚を入れる前の水槽には、水槽になくてはならないバクテリアがいないわけだ。
バクテリアの餌になるものが何も入っていない水だから。
ちなみに、濾過槽に綿が入っているが、これは物理的にゴミをこし取るものであって、糞が腐ったものは取ってくれない。素通りしていくだけ。
バクテリアがいてくれないと、水はよくならないわけだ。

バクテリアの餌になるもの、それは魚の糞。
もう少し詳しく言うと、糞が腐ったもの。
その腐ったものを分解してくれるバクテリアこそ水槽になくてはならないもの。
こいつが増え、完全に働き始めるまで、約1ヶ月半。

この間は大切な魚を入れるのではなく、できれば、パイロットフィッシュだけを入れて「水づくり」をさせるわけだ。



ということを忘れて、大事な鯉をいっぺんに入れてしまった。

当然、水はご覧の通り、白濁している。
白く濁った水の中を鯉が泳いでいる。
白にごりはバクテリアが働かず、糞が腐ったままの状態で水中に溶けているということ。

白にごりは魚を入れて1週間から2週間がピークだと聞く。
これを餌にしてバクテリアが増えつつあるのだが、このペースが遅い。
バクテリアの増えるスピードが腐敗物の増えるスピードを上回ってくることを祈るばかり。

もう、鯉を池に戻すことは考えられない。
危険すぎる。
水温が違いすぎるし(こちらは室内でポンプを回しているので池の水より数度は高いと思う)
第一、この狭苦しい水槽の中に網をつっこもうものなら、鯉は暴れてリビングに飛び出していくだろう。




ああ、恥ずかしい。
申し訳ない。
こんな失敗をするなんて。
僕としたことが。



ここしばらくは、気が気じゃない。

庭造り | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<鯉を水槽に移すプロジェクト2週間経過 | HOME | 池の鯉を水槽に移すプロジェクト>>
「東リ」のハイグレードラグマット&カーペットをお好みサイズでイージーオーダー

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。