ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

震災のコブシの木

タイトルのつけ方が変ですが、事情があります。

まずは、この木を見てください。
コブシの木


もらってきたときは、ちょっと長めの鉛筆のような状態でした。

阪神間のある造成地。

阪神淡路大震災の復興事業として
安藤忠雄さんが進めていた白い花が咲く木を植えようというプロジェクト。

その中で植えられたコブシの苗の何万本かの内の一本。


その荒れた造成地で枯れようとしていました。
建築が始まるということになり、敷地にこの苗が植わっているよと伝えようにも、苗自身があまりに小さく、工事業者に省みられて大事にされることは絶望的な状態。

で、私メが持ち帰り育てることに。
六、七年前のことでしょうか。


震災復興として植えられ、枯れようとしていた鉛筆のような苗が、京都に移転してここまで大きくなりましたよ。
(これ以上、大きくしようとは思わないけど)
まだ花は咲きません。
来年こそはと期待です。



ところで、ルーセントマートでは苗木もよくご購入いただくのですが、先日は、青森の方。
生産地は九州ですので、配達に4日もかかりました。
こういうときはとても心配です。弱ってやしないか、枯れてはいないか。

木は、バーと、みずみずしく葉っぱを広げてこそ美しいですからね。

………
今、京都は雨です。仕事場の目の前の緑がとてもみずみずしいです。
ナツツバキの枝が伸びて、スダレの隙間に挟まってしまっています。
蕾がたくさんついているのでそのままにしておきます
………


庭の木や草花 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ブドウの花 | HOME | 実生の庭?>>
「東リ」のハイグレードラグマット&カーペットをお好みサイズでイージーオーダー

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。