ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

嵯峨狂言と壬生狂言

昨年の千本閻魔堂大念仏狂言に引き続き、今年は嵯峨大念仏狂言と壬生狂言に行ってきました。

嵯峨大念仏狂言は、清涼寺境内の狂言堂でおこなわれます。
なんともいえない、のんびりとした雰囲気。

緑に包まれてすがすがしい。
残念なことは、トイレがすぐ横にあるので、向かって左側に陣取ることが肝要です。
右側だと、演目の最中にトイレの各種の音が聞こえてきて、興ざめです。

もうひとつ。
演目と演目の間の時間が長く、退屈します。
保存会の方の着替えの時間なのでしょう。
その間に、保存会の方が説明をしてくださって分かりやすいのですが、時間パーキングの料金が気になってしまいます。


もうひとつ。
舞台のかぶり付きの位置に座ると、残念な結果に。
舞台が高く、見上げる格好になり、演者の足元が見えないため、動きの全貌が分かりません。

でも、5月新緑が溢れる中での狂言は、とても気持ちがいいものです。
嵯峨野にあるため、観光客も多く、立ち止まって見ているひとなどもいて、和気藹々ムード。
無料で出入り自由。
ただで、こんないいものを見ることができるのは、京都の人は幸せですね。


嵯峨野清涼寺大念仏狂言

嵯峨野清涼寺大念仏狂言

嵯峨野清涼寺大念仏狂言

嵯峨野清涼寺大念仏狂言

嵯峨野清涼寺大念仏狂言

嵯峨野清涼寺大念仏狂言の公式サイトはコチラ


さて、次は壬生狂言
壬生寺で演じられます。
有名な炮烙割りは風物詩ですね。
最終日の夜の部に行きました。

壬生狂言は千本閻魔堂の大念仏狂言や嵯峨清涼寺の大念仏狂言と違って、有料です。
長い間待って、やっと会場に入りました。
そこでまずびっくり。
狂言堂の真正面に客席がありますが、それがまるで劇場のようにひな壇上になっています。
そして舞台の床の高さと合わせてあるのです。

最初の演目「羅生門」
源頼光が登場。
そこで、また驚きました。
舞台の真正面、客席中央に座りましたが、まったく源頼光の目線の真正面から見つめられているような気持ちに。
しびれました。
(ベストポジションで観賞するには、早目に行って並んでください)

演者はもちろん面をつけています。
その面に射すくめらてしまいました。

次の演目は「桶とり」
白拍子の足取りがなんとも美しい。
いや、美しいというより、なまめかしい。
いや、不適切な言い方かもしれないが、たのしい、おもしろい。

演者の足取りがきちんと見えるのは、壬生狂言のみ。
千本閻魔堂狂言や嵯峨狂言では見えない。

「桶取り」は、壬生狂言の中でももっとも重要な演目のひとつといわれていますが、そのストーリーの内容は、悲しい。
ぜひ、ネットで検索して調べて欲しい。




ところで、最後の演目「棒振り」
斑の棒を振り回す曲芸のような演目ですが、これによって厄が払われるといわれています。
となれば、この棒振りの中で大技が決まったときに、観客はどうすればよいのでしょう。
厄を祓っていただいたのですから、手を合わせ頭を垂れるのが正しいのか、あるいは、拍手喝采するべきなのか。

神社で「法力」をもって、厄を祓われたり、病気治癒祈願をしたりするときには頭を垂れます。
神社で、お祓いを受けたときにも頭を垂れます。
拍手喝采はしない。
さて、どうなのでしょう。
いえいえ、どうでもいいことなのでしょう。
別に宗教行事として見に行っているわけではないので。




ちなみに、壬生狂言は写真撮影は禁止です。
あの雰囲気で、写真撮影は不謹慎だと思いますので、当然の処置だと思います。
しかし、カシャカシャという音が。
さすがにフラッシュをたく輩はいませんでしたが。
ネット上には、個人が撮影したと思われる画像が。
そこまでして自分のブログやホームページを飾りたいのでしょうか。





さて、これで、2年かけて千本えんま堂大念仏狂言、嵯峨野の清涼時大念仏狂言、壬生狂言を一通り見ることができました。
いずれも雰囲気や趣が違い、とてもすばらしい体験です。
千本えんま堂大念仏狂言は、ゆっくりのんびり、お弁当を食べお酒を飲みながら、お昼ごろから夜までそれこそ丸一日かけて楽しむのがお勧めです。
嵯峨野の清涼時大念仏狂言は新緑に包まれて、境内をうろうろしながら軽く楽しむのにうってつけです。
壬生狂言は、まるで能を楽しむときのように、ピリリリッとした空気感を味わいながらベストな位置で楽しみましょう。

来年春は二条城で開催される神泉苑大念仏狂言に行く予定です。
そして次の目標は、全演目を見ることに。
何年かかるか分かりませんが、それは関西に住むものの特権。

楽しみがひとつ増えました。

スポンサーサイト
そんなこともある | コメント:0 | トラックバック:1 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。