ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

名古屋港水族館の青い空間

名古屋港水族館の視察報告の3です。

ある空間へ。

名古屋港水族館の水槽の前
ああっーー。
という溜息が。

広い空間ですが、閉館前なので誰もいません。
ショーのプールの横の空間です。
外はまだ明るく、青い光が水槽を通して、カーペット敷きの部屋に満ちています。

穏やかな時間。
癒される空間。

だれしも座りたくなる雰囲気です。

青い光というのはなぜこうも、穏やかなのでしょう。

青い光といえば、まず浮かぶのは海。空。宇宙。
宇宙は闇ですが、イメージとしては青いもの。(私の印象のみ?)
海も空も宇宙も広いもの…・・・。
広い空間に身を置けば癒されるということなのでしょうか。

あくまでイメージですよ。
海も空も宇宙も、決して穏やかなものとは限りませんが、なんとなく持つイメージでは。


他に青い空間は……。

人形劇の背景。
ホラー映画の背景。
・・・・・・・・・・・・。
発想が貧困ですね。
数秒の間に、いくらでも出てくると思いましたが、あんがい出て来ません。

代わりででてきた空間のイメージは、他の色ばかり。
森林?洞窟?映画館?砂漠?


ということで、ちょっと遊んでみました。


色を変えただけの次のフォトを見てください。
名古屋港水族館の紫
名古屋港水族館のラベンダー
青系統のカラーですが、色合いが異なるだけで、ずいぶんと空間の雰囲気は変化します。
どのように感じれられますか?






調子に乗って、もっと変えてみましょう。

名古屋港水族館の緑
名古屋港水族館の赤
名古屋港水族館のセピア
名古屋港水族館のオレンジ

構成も構図も同じ。
違いはカラーのみ。
でも、これほど印象が違います。

色だけで、森の中になったり、灼熱地獄になったり。
じっと眺めていると、想像が膨らんできませんでしょうか。


色が人の心に及ぼす影響はかなり大きいといえます。

特に空間の色は。


ご自宅の、あるいはオフィスの壁や天井の色はどんな色でしょうか。
白?
清潔感があってクールで家具が映える白もいいものですが、カラー化を考えてみてもいいかもしれませんよ。





遊んだついでに、おまけ。
名古屋港水族館の黒


名古屋港水族館の他の記事はこちらです。
名古屋港水族館の光演出
名古屋港水族館の亀類繁殖研究施設
スポンサーサイト
建築 | コメント:0 | トラックバック:0 |

妙なところにユリの花が咲いた

道端のユリの花
我が家の道端です。
土留めと側溝の隙間に少し緑を。
ということで、わずか1~2cmの隙間に、タマスダレやタマリュウを植えてあるのですが、今年、そこに驚くべきものが。

なんと、ユリの花。

道端にユリの花が頑張って咲いています

背丈わずか10cm。
でも立派なユリの花。

なんで、こんなところに。
植えた覚えはないけど……。

こんな隙間に植えるはずもない。

妙なことがあるもんだな、と思っていました。



ところが、ある日、私のジョギングコースである光景を目にしました。

近くに周囲750mの空き地があるのですが、そこに……、

空き地のユリの群生
白い点々は百合の花です。

なんと、空き地に百合の群生が!

この地に住み始めて15年ほどになりますが、その空き地に百合が咲いていることは知りませんでした。

もともとこの地域は山野と田畑が混在したエリア。
古い国土地理院の航空写真や米軍が撮影した古い写真を見ると、小さな丘陵が複雑に入り組んでいて、その隙間に狭い畑や田んぼがあったところです。

きっとその地にこのユリは咲いていたのでしょう。

造成されて植生はかき乱されたはずなのですが、どっこい復活してきたということなのでしょう。

すごいなあ。



しかし、我が家の小さなユリ。
側溝と土留めに挟まれたわずか1センチばかりの隙間から、ユリの花を咲かせるとは。
驚くばかりです。
もちろん、土留めの基礎もありますし、側溝も深いものです。
土なんてないはず。
このユリの球根はどこにあるのでしょう。
かなり深いところにあるはず。

ああ。
こういう花が咲いていたところに、我が家は建っているんだな。


★20110923加筆
と、書いたところ、読者の方から次のようなご指摘をいただきました。

本によるとこれは台湾原産の帰化植物で野生化しているようです。
また、繁殖力が強く、多数の種子を風にとばして増えていくということです。
道端に群生しているのが見られます。


とのこと。
へえ! そうなんだ。
タカサゴユリというそうです。
ご指摘をありがとうございます。
ネットでタカサゴユリで検索してみると、道端に咲いている写真がたくさん出てきます。
我が家のように、小さな隙間に咲いているものも。
なるほど。
まだまだ知らないことが多いです。


山歩き海の幸自然の生き物 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。