ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「自分流に愉しむ気ままな庭づくり」とあるミステリーのこと

お待たせしました。
拙著の「自分流に愉しむ気ままな庭づくり」が増刷されました。
長い間、売り切れでご迷惑とご心配をおかけしました。

増刷なので書店に並ぶことはないと思いますが、ネット書店や出版社のサイトでは購入できますので、まだお読みでない方はどうぞ。

出版社メタ・ブレーンのサイトはこちらです





ところで、先日とても悔しい思いをしました。

最近、老眼がかかってきたので、電車の中で本を読む気がしなくなり、ミステリーもめったに読まなくなっているのですが、つい、家にあるまだ読んでいないミステリーを手に取りました。

で、読んだのですが、これがまった、なんというか…。

答えをここでいうわけにはいきませんが、なんとまあ。

4人の人が死に、一人は襲われるいわゆる連続殺人事件。
舞台は小さな無人島で、犯人は数人の人間の中に絞られています。しかも、一人を除いて3人はいわゆる密室で殺されます。
いわゆる「読者への挑戦」まで、あります。

読者は、当然ことながら、作中にちりばめられた一連の強い犯意なり動機、そして犯人の綿密な計画と周到な準備を暴くべく、推理すると思います。
巧妙なトリックを施してあって、それを解こうと思うでしょう。「密室殺人」なんだから。
登場人物はほんの数人なので、犯人は一人で、王道の本格モノミステリーだと思うでしょう。


ところが、ところが、
答えは、死んだ4人の内、密室で殺された(実際は「死んだ」)3人は事故死で、本当に殺されたのは1人だけ。
それも偶然の出来事で、つい、というような殺人。
そしてなんと、襲われた事件の方の犯人は、動物園から逃げ出したサルだというのです。


しかも、その解決編の無理~~
暗闇の中で女性が投げた本が大きな男の頭に当たって脳震盪を起こして気絶しことが「証拠」として挙げられ、しかもその場面をあらかじめ想定して探偵は解説を始めて…という無理ぶり。


へっ? あの~
これ以上の言葉は出てきませんでした。



もう、本当にくたびれました。
まったく時間の無駄でした。
楽しむどころか、不愉快になりました。
これがプロの作家のエンターテイメントとして本屋に並んでいるって、どういうことなんでしょう。


ミステリー好きの娘にこの話をしますと、
あまりにバカバカしくて笑えるね~、と。
パロディだと思えばいいやん、と。



こういうものをつかまされた私が悪いのだとは思いますが、もう二度とこの作者のものは読まないのはもちろんのこと、こんな本を出して儲けている出版社に断固とした抗議を申し入れたい気分です。




なんてなことを書きながら、このブログの右側に並んでいる私のミステリーも、そんなに偉そうなことはいえませんが。
私はミステリー作家のプロではないので、この手の批評は受け付けません\(^o^)/
でも、「自分流に愉しむ気ままな庭づくり」はいい本です。


スポンサーサイト
そんなこともある | コメント:0 | トラックバック:0 |

大学とプールと腰痛

今日は何でもない近況です。


神戸松蔭大学での授業が始まりました。
これで、金曜日の午後は打ち合わせには参れませんので、ご配慮を。

で、授業のテーマは「ガーデニング論」
以前のテーマは「環境園芸学」というもので、なんとなく違和感があったのですが、今回の授業名はぴったりきます。

半年間、せっかく行くのですから、大いに楽しみたいと思います。



プールにいきました。
泳ぐのはもう何年ぶりでしょう。

クロールと平泳ぎを混ぜながら、500mは泳ぎました。
爽快でした。
50m泳いではハアハアと息をつき、途中でジャグジーに入って体を休めながら。

スイムキャップは購入しましたが、パンツは昔のオレンジ色の派手でだぼだぼの海パン
他の人は体にぴったりした競泳用?水着。
ちと恥ずかしかった。



数年前から気になっていた庭の「クロチク
生垣の中に進出しています。
まずいな~
このままだと、裏庭に進出し、いずれは裏のお宅にタケノコが…

で、
一念発起して、生垣に進出した竹の根を撤去することに。
これがまあ、大変な作業です。
先々週くらいから大体20時間ほどは費やしたでしょうか。
撤去完了した延長は、わずか3mくらい。
まだ、7mくらいは残っています。しかも、作業はどんどん難しくなってきます。
根は何本も地中を這っていますし、水栓があったり、引き込み柱があったりして掘りにくい部分が残っています。


植えるとき、造園業者によれば、クロチクの根を遮断するには深さ30cmの仕切りでもあれば大丈夫でしょうということでしたが、うそばかり。
昨日掘り出した根は深さ約60cmのところを真横にどんどん伸びていました。

生垣の下なので、上からガサリと掘ることもできず、まず生垣の横を掘り、そこに降りて、今度は生垣の根の下を横に掘りました。
もはや、立派な生垣が枯れても仕方ないという心境で、生垣のマサキの根も容赦なく切って。


家の横の狭いところなので、無理な格好での作業で、すっかり腰を痛めてしまいました。
歩くのも辛いし、PCの前に座っていてもすぐに横になりたくなります。

もう、ほんとにやれやれです。


そんなこともある | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。