ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

桂離宮の木漏れ日

桂離宮に行ってきました。
2回目です。
桂離宮


木漏れ日。
美しいですね。


よい庭とは。
なんて、絶対的な評価軸はないと思っています。
ただ、「よい庭」の条件として、「そこにいる人を気持ちよくさせる」ことが最重要だと思っています。

もちろんこの写真のように、美しくそつのない景観も「気持ちいい」ことの条件だと思います。
桂離宮の庭園


しかし、もっと重要なことは、人それぞれである「気持ちよさ」を作ることだと思います。
気持ちいいとは。
美しい花や木を見て素敵だなあ、気持ちいいなあと思う。
木漏れ日を見て、穏やかな日だなあ、気持ちいいなあ、と思う。
虫の音や羽音を聞いて、平和だなあ、気持ちいいなあ、と思う。
鳥のさえずりを聞いて、あるいは鳥の姿を見て、いとおしいなあ、気持ちいいなあ、と思う。
木々の間から青空や星を眺めて、自分は小さいなあ、気持ちいいなあ、と思う。
抜けていく風を感じて、すがすがしいなあ、気持ちいいなあ、と思う。
土の冷たさを感じて、癒されるなあ、気持ちいいなあ、と思う。
などなど。


今回の桂離宮の案内人は、気に入りました。
桂離宮の「すごさ」ではなく、「簡素さ」「簡素だからこその豊かさ」を強調して話しくれたことです。
この離宮の維持に多くの手間と費用が掛かっていることを自慢するのではなく、華美な装飾では感じられない「豊かさ」をきちんと話してくれたことです。

「心の豊かさ」とは、よく言われる言葉ですが、その意味を説明することは難しいものです。
華美な装飾は、それを説明すればいいのですが、簡素さの中にある豊かさとなると、説明する対象がモノとしてないので、「あなたも感じるでしょう?」と、投げかけるしかありません。




で、先の写真の木漏れ日。
この舗装は、小石を丁寧に並べたものですが、ちゃんと平たい面を上にして、絶妙の密度で敷き並べてあります。
手は込んでいるのです。
手は込んでいるけれど、豪華には見せない。
きちんと手間を掛けているけれども、あくまで自然に見せる。(自然にそうなったように見せる)
これが究極の贅沢な庭なのだと思います。


もちろん、華やかさを求められる庭では、別の答えが必要となるでしょう。
また、メンテナンスを掛けられない庭でも、違った庭の見せ方になるでしょう。

「庭のよさ」を考えるとき、手間と、見せ方と、感じ方、の3つをあわせて考えないと、見えないものがあるなあと思いましたので、紹介をさせていただきました。




スポンサーサイト
よその庭観察 | コメント:0 | トラックバック:0 |

雉をゲット!

我が家の近くにはそれなりにたくさんの動物が住んでいます。

以前はキツネの姿を写真に収めました。
キツネの写真の記事はコチラ。

今回は、雉です!!

キジも鳴かずば撃たれまい。
声はすれども姿は見えず。

という感じで、いつも声は聞きますし、運がよければ姿も見ることができるのですが、カメラを持っていることはないので、「キジがいた~」とほのぼのうれしい、と満足していました。

ところが、先日は運よくカメラを持っていました。


よし!
と、道端でカメラを構えます。
ところが、通行する人や自転車を恐れていて、なかなか姿を見せてくれません。
「あの草藪に潜んでいるな~」と、見当は付くのですが。

待つこと30分。
道往く人が怪訝な顔をしています。


で、ついにキジの写真をゲットしました。

草むらのキジ1

遠いので、かなりピンボケです。

草むらのキジ2

なかなかいかついお顔ですな~



住宅街の中に、こんな大きな鳥がいるのですから、そこに住むものは幸せです。
もちろん、そもそもこういった動物たちの生活圏に、われわれが家を建てて住み始めたのですから、彼らの方はいい迷惑でしょう。

希少生物の保護も重要でしょうが、これらの身近な生き物たちの保護にも関心が広がればいいなと思います。


山歩き海の幸自然の生き物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。