ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

スイセンが咲いている

庭にスイセンが咲いています。

梅の花もはや一輪。

年末ですなあ。

今、妻が、隣のPCで自分用の年賀状を作っています。

私の年賀状は、既に裏は印刷済みですが、反っているので、重石をしています。
宛名書きはそれから。

重石は適当なものが無いので、サンゲツやらルノンなどのサンプル帳を5冊くらい乗せています。

まあ、なんてことはない年末です。






今年を振り返るにはまだ一日早い、ということで、
相変わらず、つまらぬ話題を。


昨年、我家ではあれだけ盛り上がった「池の鯉を水槽に移すプロジェクト」
知人からもあの記事を読んだ感想を色々ともらった、例の奮闘記(←大げさ)。

終りました……

寿命50年といわれる鯉が、ひと月ほど前、全滅いたしました。

原因はストレスか…
はたまた水の汚れか…

弱い小さい鯉は早々に死んで、強い大きな鯉が残っていたし、この二人は仲がよさそうなので、ストレスではないような…

水も、見た目はそれほど悪くは無く、原因は分りませんでした。



ところが、
先日、その水槽に金魚を移し替えたときのこと。

鯉が死んだ原因が分りました。


ろ過槽用のポンプが古びていたのです。
サビが一杯。
その白っぽい緑のサビがバラバラと、水槽に…。


なんとも情けない原因でした。

単なる私のサボりなのでした。

ポンプの寿命。
一年半なのでした。


スポンサーサイト
そんなこともある | コメント:0 | トラックバック:0 |

星座

今日は星がきれいです。

北斗七星もすっきり見えます。

たまには空を眺めるのもいいものですね。
そんなこともある | コメント:0 | トラックバック:0 |

よるのしじま

今夜は雨が降っています。
でも、なんとなく、こんな夜です。
気分が。





遠い地平線が消えて ふかぶかとした夜の闇に心を休める時


はるか雲海の上を音もなく流れ去る気流は たゆみない宇宙の営みを告げています


満天の星をいただく はてしない光の海をゆたかに流れゆく風に心を開けば


きらめく星座の物語も聞こえてくる 夜の静寂の なんと饒舌なことでしょう


光と影の境に消えていった はるかな地平線も瞼に浮かんでまいります






……ジェットストリーム




そんなこともある | コメント:0 | トラックバック:0 |

栂池の山荘

栂池山荘の庭
栂池、といえば皆さんはどんなことを思い起こされますか?

学生時代に行ったスキーツアーでの甘い思い出?
家族で行った春の栂池自然園の散策
ドンドラに乗って、白馬大池まで足を伸ばしたこと?

栂池は私にとって、そんな思い出の地です。

(長野県小谷村)



その栂池に山荘(つまり別荘ですね)を建てるので手伝って欲しい、というお話が来たのは、今年の春のことでした。


現地について最初に目に付いたのがこの石です。

庭の景石というには余りにも自然体。

苔生し、名も知らぬ草に覆われていました。
(掲載フォトは秋の撮影です)

10数m高の雑木やカラマツ林の中にぽっかりと開いた木漏れ日の空間…。


「山荘」という言葉が似合う敷地でした。




で、竣工したのが、この建物。
栂池の山荘
(周りは木が一杯なのでなかなか上手いアングルの建物全体写真は撮れません)
(手前のコンクリートの短柱はデッキを据えるためのもの。冬に向かいますのでデッキは取り外してあります)

「庭」というより、目の前にある自然の光景を楽しむプラン。
雑木林の中にたたずみ、時間によって姿を変えていく石や苔や樹木や草々や落葉、そして光を楽しむ穏やかな一日。
ということがまず念頭に浮かんで、結局そのことが最後まで私のプラニングの軸となりました。

もちろん、クライアントも「庭を活かしたものを」というご希望でしたから、そのことに異存は無く、最後まで楽しいディスカッションの継続で計画は進んでいきました。



少しだけ、内部プランの中身も説明しておきます。
敷地がわずかに傾斜していることもあって、この傾斜に馴染むように、「庭」とできるだけ近づくように、床の構成を考えました。
内部空間は1フロアですが、メイン床が2フロア、ロフトスペース(寝室)2フロアと、計4フロアレベルに分かれています。
どの床からも異なる景が楽しめます。
至るところに窓が開いていて、林の中に住む感覚を味わえるように。
窓の高さと位置は、
先の「自然の景石」がよく見える位置に。
空に光る星を梢を透かしてベッドから眺められるように。
いつも人が集まるであろうダイニングから雪を被った山の頂が垣間見えるように。

大して広くはないのに、内部空間は変化に富んで、豊かな印象です。
表しの梁が天井の高い空間を飾っています。



そして、デザイン的には、ありがちな無骨なものではなく、少しだけ軽やかな雰囲気を出して。



来春、お披露目の会に呼んでいただいておりますので、春の景の中で、この山荘がどんな佇まいを見せているのか、楽しみです。



テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

建築 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。