ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

若旦那、池を埋める

昨日、妻に
「まるで若旦那みたい」
といわれました。
ん??
「畑中恵の」
「あ、そか~!」

二人で大笑い。
なるほどなあ。
最近体力が落ちまくりで、何をしてもすぐにしんどいとか、寒いとかいう僕を見て、
一日のうちに3つの病気になって3度死ぬ、といわれるあの若旦那みたいだというのです。



さてさて、ついに池を埋めました。
池の埋め立て
ここに、あの鯉やら金魚が生まれて死んで、カエルがいて、トンボが来て、ヤゴがいて、
すくってきたニゴイやオイカワやタナゴを放し、
どろどろになって濾過槽の掃除をして、落葉を掬って。
隣の家が薬剤散布をするといえばビニールシートをかぶせて、
娘と池の脇に座り込んで話をして…
イロイロ楽しんできましたが、ついにお別れしました。

このブログにもたびたび登場した庭の池。

庭を楽しむというポリシーからすれば大切な要素を失ったことになりますが、
致し方ない……。
寂しい気分です。

スポンサーサイト
庭造り | コメント:0 | トラックバック:0 |

ノボタンとイソギク

ノボタン
秋に咲く華やか系の花として「ノボタン」を購入しました。
全身ピンク系の花を買ったつもりが、縁取りピンクの花と混じって咲いています。
一本の木で咲き分け。
こういうものなのですかね。寡聞にして知りません。


パッと見は、可愛い感じの花ですが、めしべおしべがよろっとしてて、
今風の「プチ可愛い」系じゃありません。
でも、ノボタン。  庭木としてもっと使われてもいいのかもしれませんね。

咲き終われば、玄関先に植え込むつもりでいます。



イソギクに群がる虫
さて、これからの季節は庭に出れば、いつもこのシーンに出会えます。

イソギクの花にハチやアブなどが群がっています。
無心に蜜を吸っています。

それがどうしたって?
いいと思いませんか。
庭が庭として、「機能」しているようで。

花はいいけど、虫は嫌いだ!とばかりに、虫とみればあらゆる虫を駆除するというスタイルではなく。

僕は、
庭のイソギクの群落(というほど大げさなものじゃないけど)の横を通るときに、
虫がワーーーッと飛び立ったかと思うとすぐに「メシ、メシ!」と花にまたとまりなおすのを、
ほほえましく見ています。


今日、庭でカマキリを見ました。
もうすぐ体温が下がって死ぬのでしょう。
なにもしてやれないのが、ちょっと切ないですね。





(↓後日、加筆)
ノボタンのこの品種は、咲き分けではなく、花色が変化するそうな。
素芯→全体紫に。
購入した苗の説明カードに書いてありました。
ハズカシ…
(私に庭のデザインを依頼すると、こういうポカもあるかもしれないですよ^^)



庭の木や草花 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「もらって嬉しいプレゼント」洋ナシラ・フランス

数日前、近所の人から洋ナシ「ラ・フランス」をいただいた。

懐かしく、フルーツっぽい、この味が好きです。
なかなか自分では買わない果物なので、もらうととてもうれしい。

もうすぐ、クリスマス、お歳暮シーズンですが、僕がもらうのはたいがいお酒。
日本酒だったりワインだったりビールだったり。
これはこれでたいそううれしいのだが、好物、しかも我家にとってちょっと「プレミアム」モノだったらうれしいですよね。
プレミアムといっても、単になかなか買わなかったりという程度の。

裏山で採ってきたむかごとか、ウチの畑で収穫した瓜とか、庭でできたシイタケとか。

唯一僕の「その手」は、ウチの庭で採れた「アケビ」ってのがあるんですが、今年はさっぱりです。
というか、これは隔年ものかもしれませんね。成る年は大量に成るが、成らない年は1個も成らないので、手土産に困ります。

そんなこともある | コメント:0 | トラックバック:0 |

池を盆栽棚に改造プロジェクト1

世の中は3連休!!だった…
知らなかった。
定期的な休みには無縁の生活だと、往々にしてこうなる。
月曜日に打ち合わせをするつもりで、土日にがつがつと仕事しようと思っていたが、めげました。

友人・知人達は、旅行だ、ゴルフだ、山登りだと言っているというのに。



さてさて、池の鯉を水槽に移すプロジェクトは終わりましたが、これは池を潰して盆栽棚に改造し、今盆栽棚のあるところを庭化するプロジェクトの序章だったわけです。

で、メインプロジェクト、池を潰して盆栽棚に改造する!の始まりです。

池の水抜き

池の水を抜いているところ。

我家の池はビニルの防水シートを敷いた構造です。
こいつを一部破り、自然に水が抜けていくのを待ちました。

約3週間かかりました。
もともと粘土質の土なので水はけは悪いのです。
(8年前にこんな記事を書きました→庭の土壌改良について



ところで、金魚が増えました!!
洗面器のリュウ金3匹

いるか?といわれたので、もらう!ということでもらってきました。
(貧乏性なので、ただでもらえるものは絶対にもらってしまいます)
リュウ金3匹。

名古屋から半日車の中で揺らしていたので、もたないかなと思っていたのですが、十日ほど経った今は洗面器の中で元気です。

水槽にはもうでかい鯉と金魚が過密状態だし、庭の睡蓮鉢にももともと池にいた小さな金魚がぎっしり。
どうするよ。

妻はいい加減にリビングから洗面器をどけろ、といいますが、もうひとつ水槽を増やすのか…めんどくさ…、と悩んでいます。

それにしても、我家はなぜこうも金魚ばかり増えるんでしょう。

庭造り | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。