ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

シンプルな思考

あるサービスの申込をしました。

こういうとき、つくづくその会社の「質」が見えますよね。

日曜日だというのに、手続きの書類を書いていましたが、ほぼ半時間もかかりました。

手を変え品を変えた記入欄が延々と続くのです。

はっきり言って、がっかりしました。

会社として申込するのに、代表者の生年月日が必須項目なのです。

何の意味があるのか、サッパリ分かりません。

程度の低い会社…、という印象を持ってしまいます。

よくあるんです。

たとえば、ある建材のカタログを注文するのに、こちらの会社情報を書かねばいけないのですが、
それは郵送のために必要な事項だけを書けばいいはずだと思うのに、なぜか、生年月日まで書かせる会社があります。(さすがに家族構成まで聞く会社はないが、それと一緒のことやん)

あまりにばかげていて、できれば付き合いたくない(もちろんその会社の建材を使う気は失せます)会社として僕の頭にインプットされます。

ひまな担当者があれこれ、これも聞いたろ、あれも聞いといたろ、という保身的発想から組み上げられた用紙なんですね。
あんたはひまなサラリーマンでも、こっちはそんなことに付き合ってる暇はない!!といいたいわけです。


そういう会社のサービスは、総じて高く(金儲け主義の臭いがプンプン)て、無責任(免責事項のオンパレード)。
担当者は慇懃無礼で、親しみのかけらも感じられない応対、というのが相場です。

サービスセンターなどに電話して聞いてみるとよくわかりますよね。
僕はよくサービスセンターに電話して聞きます。
自分でマニュアル調べて、なんてやってられませんから。
さっさと、電話で聞きます。
そういうときの対応で、いかにサービス意識があるか、できた会社か、程度の低い連中が金の衣を纏っただけの虚業の会社か、見えてしまいますよね。
マニュアルにデカデカと書いてあることを、聞いたときの対応で。


世の中、もっとシンプルにならないものか。
シンプルにできるものは、もっとあるでしょう。
最も大切なもの。
それは「時間」。
お金は取り戻せる。愛情だって取り戻せる。
取り戻せないのは、「命」と「時間」ですよ。
無駄な時間を浪費させられるというのは、僕が最も厭なことです。
そんな時間があったら、好きなことをするし、友と語らう時間を取りたいよ。

仕組みを複雑にして、困らせて、普通の人はできないようにして、役人が自分の存在価値を維持し、ついでに天下りするってのは常套手段だけど、民間企業にも発想自体がそれとよく似たところはたくさんあります。
いやだね。




朝から機嫌の悪いドロアシでした。







スポンサーサイト
そんなこともある | コメント:0 | トラックバック:0 |

池のスイレン

池のスイレンと金魚
池のスイレンと金魚
このところ、暑苦しくてウェットな話題が多いね。

今日もまた、水の絡んだ話。

池のスイレンは、ちょうど僕のデスクの正面にあるので、咲くとわかるが、家族も来客も気がつかないことが多い。

ということで、(というより、池を埋めてしまう予定なので)睡蓮鉢が欲しいと思っている。
現在、睡蓮鉢は池に沈めているものも含めて、なんと、4個も持っているのだが、この大きくなった株を入れるには小さすぎる。
巨大で、背の高いものが欲しい。

で、山科の清水焼団地の陶器市に行ってきた。
失敗。
やっぱり清水焼。
食器ばかりで、睡蓮鉢などはない。
信楽に買いに行くしかないようだ。

予算はなんとか1万円を切りたい。
B級品でいいので、ないかなあ。

先日から、デカイ水槽2個と、贅沢にも特注の水槽台とを買っているので、いい加減にしろ、と妻に怒られます。
庭の木や草花 | コメント:0 | トラックバック:0 |

スズカケノキのミニ盆栽

写真を載せるものはばかれるくらいに調子が悪い。
15年ほど前にロンドンに行ったときに、ハイドパークで、種を持って帰ったスズカケノキのミニ盆栽。
僕の宝物のひとつ。
それが、昨年、大きな枝が枯れて、心配していたのだが、今年もまた大きな枝が枯れそうだ。
(大きな枝といってもミニ盆栽だから)

関西の暑さに耐えられないのかも。

どんどん形が悪くなって。
死んでしまわなければよいのだが、心配だ。


しかーし、暑い。
今、室温、31度。PCの前は何度だ?
扇風機の風も生暖かく、疲れます。
もうすぐ出かけるので、もったいなくて、クーラーつけていませんが、限界かも。


相変わらず、この3日間、暑苦しい吉田拓郎を繰り返しかけています。
「昨日の夢は冗談だったんだと…」
「疲れ果てていることは誰にも隠せないだろう…」
なんて、口ずさみながら作業をしています。



先日、ある席で、色紙を差し出された。
「自分流に愉しむ気ままな庭づくり」の著者としてサインをしたことは何度もあるが、
「ミステリー作家!!?」の奈備 光としてサインをしたのは、初めて。
それも衆目のあるところで。
なんだか、照れるよね~。
もしかして冗談か?
いや、すなおに喜んでおこう。実際、うれしいし。


盆栽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

吉田拓郎

朝っぱらから、吉田拓郎のCDをかけている。
(妻は、暑苦しい!と文句を言うが)

なんとか、がんばってくれ!拓郎!
病を克服してくれ!
昔も今も、応援している!

ああ、なんと、どの曲もどの曲も、僕の心の歌であることよ!

ああ、あれは春だったね!
そんなこともある | コメント:0 | トラックバック:0 |

池の鯉を水槽に移すプロジェクトその後

昨日は高校時代の同窓会。
相場は、昔話をして懐かしがって。

でも、昔、森田幸一?とトップギャランが歌ったように、「胸に棘挿すこと」もたくさんあったわけで。
つまり、棘挿した方の人間もいるわけで。

僕は、思慮もない若造で(当時も今も)、たくさんの人の気持ちを踏みにじり、そのことに気づきもしない厭な男だったのかもしれません。
同窓会はその懺悔の会、なのかもしれない。
ごめんよ・・・
もう、謝りようもない。相手は、30年間も棘の刺さったままの胸で……。
それでも同窓会に。

楽しさと、情けなさと、申し訳なさと、うれしさと、驚きと、

そして「暑さ!!!!!」と。

もともと、ここ最近、キャパシティがグンと小さくなっている僕の体力を、致命的なまでに削り取ってしまった一日でした。



で、さてさて、
こんな打ち明け話なんて聞きたくないよね。

池鯉水槽プロジェクトだ。

cometsuisou.jpg

デカイ水槽はもうなんども話した通り。
右の青い桶はギネスものコメットの一時隔離水槽。
で、今回の話は、
特注品の水槽台の下に見えている新しい水槽。

だいたいが、
ここに水槽を置くことになろうとは考えてもいなかった。
というか、全くもって思慮が足りなかった!
ので、水槽台を特注するとき、下の隙間の高さを、A4サイズのファイルが立てられればいいさ、という寸法にした。

普通の水槽はその高さじゃ入らんじゃん。
探しに探して購入したのは、ワイド900で高さ320のもの。
水槽の中に前からは手が入りません。
水槽台の横から手を入れてメンテナンスします。

現在、水漏れチェック中。
続きはまた今度。
(しつこいよね。このネタ)






庭造り | コメント:0 | トラックバック:0 |

時をかける少女

昨日、娘と「時をかける少女」を見た。

青春やねえ~
切ないね~
センチになるなあ~
初恋やなあ~

で、僕は、今日は高校時代の大同窓会。
30数年ぶりの顔も……




鯉を水槽に移すプロジェクト。
まだまだ終わりません。
隔離したギネス巨大コメットと池でまだ遊んでいる巨大金魚5匹。
こいつらのために、またまた水槽を購入しました。
(以前から持っている60センチ水槽ではとても入りませんので)

たかが金魚かい、というなかれ。
この金魚、いわゆる最も普通の和金ですが、
これを買った記憶はないのです。
昔々、娘がどこかの祭り?の金魚すくいでもらってきた金魚の末裔なのです。
(何代目かももうわからん)
池で孵化したものもいますし、メダカを飼っていた睡蓮鉢でいつのまにか
育っていたやつとか。
こいつなんか、長い間、えらい赤いメダカやなあと思っていた!
ちょっと大きい水槽に移したとたん、ぐっと大きくなって金魚やん!ってなった次第。

ということで、僕にとっては大切なものなのです。
金魚ごときに、って思わないでね。

庭造り | コメント:0 | トラックバック:0 |

最大の失敗

独立して会社を始めて、最大の失敗をしでかした!

先週、体調を壊した!!2日間ほど寝た。!
まだ、体調戻らず…。

先日、クライアントの社長も含めた、打ち合わせがあったが、
どうにもしんどく、あくびばかりでて、(涙まで出て)困った。

なんやこいつは、あくびばかりしおって!!と思われたことだろう。
(すみません)


体調を壊した理由は、単に、ここ半年、ハードすぎたからだろう。

休みなく、連日、14時間くらい働き続けて、一気に暑くなって、
ということだろう。



しばらく休憩だ。
運がいいのか悪いのか、
ある仕事を受けている先の先が倒産した。
もちろん僕は今までの仕事分のフィーは清算してもらうつもりだが、
作業は途切れた。
これを機会に、少しゆっくりしよう。



そんなこともある | コメント:0 | トラックバック:0 |

鯉を水槽に移すプロジェクト報告

水質については、もうほぼ安心。
水の白濁は収まり、透明感が増してる。(少々黄緑っぽいが)

濾過槽がきちんと機能し始めた証拠だ。

鯉たちはというと、
狭い水槽の中ではしゃぎまわっている。
いわゆる「ほたえて」いる状態だ。
こっちの隅でおしくらまんじゅうしているかと思えば、
こっちの吐水口のところで、我先に落ちてくる水を飲んだり。

店で売られている鯉はもっとおとなしくしているんだけどな。

ガラスが心配だ。
時々お互いの動きに驚いてガラスに激突している。

しかし、まあ、安心だ。



しかし、例の巨大ギネスものコメットがどうも元気がなく、
自慢のヒレが傷んできたので、これだけは隔離した。
ホームセンターで、野菜とかを洗うデカイ青いバケツを買ってきて。

それが水槽と並んでリビングに鎮座している。
ぱっと見は、その中に小さな金魚やメダカが売られているような風情で。

こいつをどうするかなかなかいい案が浮かばない。
(金もかからず、手間もかからずの案が)
庭造り | コメント:0 | トラックバック:0 |

いやはや夏ですな

一気に夏ですな!!

だいたい、梅雨明けは、わが故郷の平野の夏祭りが終わった直後というのが、例年のことです。
平野の杭全神社のダンジリ祭りは13日が宵宮、14日が本祭りで、15日に果てます。

この、13日や14日に夕立がドバッとあって、蒸し暑く、ああ、夏がくるんだな、という感じになるわけです。

が、今年は異常に早いですね。梅雨あけが。



昨日、妻がとうとう言い出しました。
網戸を洗う、と。

我家に網戸が何枚あるか。28枚です。

これをはずして洗って乾かして、また取り付けるとなると、もう、1日仕事です。

まちろん、せっかく網戸はずしたんだからと、窓ガラスも洗うわけです。


こういうとき、ツクヅク思います。
住宅のいろいろな設備や建具など、住まい手がメンテナンスするものを、作る方はどの程度意識しているのかな、と。
つまり、メンテナンスが容易にできるということは長持ちするわけですし、メンテナンスが極めて面倒となると、どうしてもほったらかし、となるのは当然です。


我家の網戸…これはメンテナンス容易度最低の部類です。
格好つけることに重点が置かれていて、素人が(例えば家庭の主婦が)簡単に取り外して、また取り付けてということができないわけです。
(ビス止めしなくちゃいけないのだが、このビスが小さすぎて、扱いにくいことこの上なし)
デザインとは=格好つけること ではないのです。
間違っている人が多いよね~

私は、こういう、心のこもらない、形だけの、見かけだけの、「デザイン」はしたくないな、と改めて心に誓いました。
デザイン | コメント:0 | トラックバック:0 |

鯉を水槽に移すプロジェクト2週間経過

2週間が経った。

「ここが正念場」は継続中だ。

suisousoko.jpg

で、
いわゆる麦飯石なるものを購入し、水槽に入れてみた。
この石、高いね~
国産品だと記載されている。中国産よりいいらしい(なにが?よくわからんが)
石ころ数個で千円!もした!

小さいころころした石は、もともと池の濾過槽に入れていた濾過材。
これを入れたことで、バクテリアの大量発生を促す(そうあって欲しい)

黒いのはいわずと知れた炭。
備長炭の高価なやつ。
これで、アンモニアを吸着だ。




が、しかし、
水の白濁は収まる気配がない。
水槽の底にたまり気味だった糞は姿を消したが。


ちょっと不安材料も。
実はこの炭、トイレの消臭剤代わりに便所の中においていたものの転用です。
(池の水でちょっと洗ってね)
もしかしてこれ、既にアンモニアを吸着しきってしまっていて、吸着するどころか
むしろ放散しているんじゃ……。

今のことろ、
写真のギネスモノのコメットも含めて、魚は皆元気。
池にいたときのように、前を通ると
「餌クレ==俺はひもじいんじゃ==!!」
と、必至の形相で寄って来るしね。

もうしばらく我慢しろ。
ということで、餌は少量しかやっていません。
水槽に移す準備として池にいるときから、かれこれ1ヶ月も食事制限を
させているから、かわいそうではありますが。
(なんだか、尾びれの周りがペッタンコ(≧≦) ゴメンヨー)


魚も人間ももうしばらくの辛抱だ。






庭造り | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。