ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

鯉水槽の様子

鯉を池から水槽に移し替えて1週間が経った。

ここ1週間が正念場だ。

今の様子↓
鯉の水槽


とても反省している。

かつて、60cm水槽で熱帯魚をあれこれ飼っていた経験があり、いろいろな勉強もしたはずだった。
その時の経験をすっかり失念していた。

水槽に初めて水を入れた後、水が魚を入れるにふさわしい水になるまで1週間。
つまり、完全に塩素分が抜け、安定した水になり、そして水槽の水漏れがないか、濾過槽のポンプやエアポンプの正常に稼動するかを確認する期間だ。

その1週間は守った。

失敗はその後だ。

普通は、パイロットフィッシュ(我家の場合は金魚かな)を入れて水を作る。
つまり、洞窟探検のときに持っていくカナリアみたいなもんだ。

そしてパイロットフィッシュにはもっと大切な役割がある。
魚を入れる前の水槽には、水槽になくてはならないバクテリアがいないわけだ。
バクテリアの餌になるものが何も入っていない水だから。
ちなみに、濾過槽に綿が入っているが、これは物理的にゴミをこし取るものであって、糞が腐ったものは取ってくれない。素通りしていくだけ。
バクテリアがいてくれないと、水はよくならないわけだ。

バクテリアの餌になるもの、それは魚の糞。
もう少し詳しく言うと、糞が腐ったもの。
その腐ったものを分解してくれるバクテリアこそ水槽になくてはならないもの。
こいつが増え、完全に働き始めるまで、約1ヶ月半。

この間は大切な魚を入れるのではなく、できれば、パイロットフィッシュだけを入れて「水づくり」をさせるわけだ。



ということを忘れて、大事な鯉をいっぺんに入れてしまった。

当然、水はご覧の通り、白濁している。
白く濁った水の中を鯉が泳いでいる。
白にごりはバクテリアが働かず、糞が腐ったままの状態で水中に溶けているということ。

白にごりは魚を入れて1週間から2週間がピークだと聞く。
これを餌にしてバクテリアが増えつつあるのだが、このペースが遅い。
バクテリアの増えるスピードが腐敗物の増えるスピードを上回ってくることを祈るばかり。

もう、鯉を池に戻すことは考えられない。
危険すぎる。
水温が違いすぎるし(こちらは室内でポンプを回しているので池の水より数度は高いと思う)
第一、この狭苦しい水槽の中に網をつっこもうものなら、鯉は暴れてリビングに飛び出していくだろう。




ああ、恥ずかしい。
申し訳ない。
こんな失敗をするなんて。
僕としたことが。



ここしばらくは、気が気じゃない。

スポンサーサイト
庭造り | コメント:0 | トラックバック:0 |

池の鯉を水槽に移すプロジェクト

ついに池の鯉を水槽に移すプロジェクトを敢行しました。
娘に手伝ってもらいます。

池の鯉を水槽に移す

最初の鯉はいつものように、餌をくれるものと近づいてきて、難なく網に取り込めましたが、2匹目からは異変を感じて池の隅っこにいます。

これを娘が追い立てます。

隅から出てくる鯉を待ち構えている図ですね。

池の鯉を水槽に移す

で、首尾よく捕まえた鯉を網ごと娘が洗面器に入れてくれます。
(実際は洗面器より大きい!!)

池の鯉を水槽に移す


大慌てで、リビングに置いた水槽に移動~
鯉は跳ねるし、リビング水浸し~

で、洗面器ごと水槽に入れて、

池の鯉を水槽に移す


約一時間かけて、4匹の鯉とコメット1匹を水槽に移しました。

あらためてデカイ!

過密だ。

娘はかわいそうとちがうん?
と、いいますが、そもそもいけの濾過槽の掃除を妻が二度と手伝わんというし、ひとりでは大変だということで、水槽に移すことに決めた経緯があるわけです。
「オマエが手伝ってくれんからや」
さすがに娘もぐうの音も出ません。

池の鯉を水槽に移す


一番でかいのは、我家で通称「イモリ」と呼んでいる赤に黒斑の入ったやつ。
池の鯉を水槽に移す

水槽の奥行分一杯あります。
全長40センチというところですね。
実はコメットも
巨大コメット

全長20センチはあります。
もしかしてギネスモノかも…。
(写真はパニック状態で底に沈んでしまっていますが)

なにはともあれ、
鯉を水槽に移すことにはとりあえずは成功しました。
池にはまだ巨大金魚が5匹泳いでいますが、これらの処遇は今後の課題です。
(でかい睡蓮鉢でも買うかなあ)

鯉を水槽に移す

娘は満足して水槽の鯉を眺めています。

すぐにタオルケットをかけて、水槽を暗くして鯉が落ち着くのを待ちます。
(何日位すれば、慣れるかなあ)


後日談はまた掲載します。
お楽しみに。
(↑だれも待ってないって!)
庭造り | コメント:0 | トラックバック:0 |

カポックの実

5月に連載?していたカポックに実がついた。

カポックの実


ほとんどの花は実をつけずに落ちてしまったが、ひと房だけ実をつけた。

まだ黄色い。

もうすぐ赤くなるのだろう。

しかし、なんだかなあ。
こんなもの、連載してどうするのさ。

花を始めてみたときには少々「興奮」したが、例の臭いにまいってからは、とんと興味は失せてしまっていたが、ま、連載というからには締まりがないとね。



ところで、本日、池の鯉を水槽に移すプロジェクトの最終工程を実施することに家族会議で決定いたしました。
幸いに雨も止んだし。
網も購入済みだし。
娘も休みだし。

が、
池の水が抜けません。
長いこと回していなかったポンプが動きません。
そんなこともある | コメント:0 | トラックバック:0 |

ヤマボウシの花と池の鯉水槽移転プロジェクト進捗

yamaboushi.jpg

今年は玄関のヤマボウシが例年になく花をつけた。
植えてから十数年、毎年数個しか花を咲かせず、ご近所と見比べても寂しい気がしたものだが、今年は互角だ。
もともと紅葉だけはすばらしく鼻が高かったが、これで向かうところ敵なしだ。

でも、なぜだろう。

思うに、
昨年、猛暑渇水時にこのヤマボウシも、ほとんど葉が枯れてしまうという大きな被害を受けた。

それじゃないかな。今年たくさんの花をつけたのは。

種の保存意識が働いたんだね、きっと。




ところで、池の鯉を水槽に移すプロジェクトは着々と進んでおります。

特注の水槽台がようやく到着しました。
立派です。頑丈です。わざわざ特注して1ヶ月も待ったかいがあります。

↓フォトは水槽をセットし、水を入れているところ。
suisou.jpg


現在、水槽の水を「こなれた水」にするべく、もう1週間も水だけ入れて濾過槽のポンプを回しております。

さて、いよいよ、鯉を移すのをいつにするか、家族の予定を調整中です。
(ひとりじゃできないからね)




■気になっているもの■
家庭用芝生キット

これって、よくない?
貼り芝もいいけどアレはたいがい「ノシバ」で、冬は枯れますよね。
これ、常緑の芝を貼る(一種の種まき)キットです。
(写真は種まき後5週間の写真)
10~13㎡用で、5800円。
20~25㎡用で、9800円。
販売ページはルーセントマート(こちら)
庭造り | コメント:0 | トラックバック:0 |

リニューアルのデザイン

リニューアルの仕事は難しい。

いま、大規模な展示系施設の内装リニューアルを手がけているが、日々頭を悩ませています。

リニューアルというと「古くなったものを新しくする」という意味だし、リフレッシュというと、「新鮮でなくなったものの鮮度を復活させる」という意味になる。

今回の仕事はそのどちらとも違います。

プロジェクトメンバーは「エボリューション」(進化!!)と呼んでいます。



で、その進化にふさわしく内装もイメージを変えていくのだが、
内容の進化に先立って内装変更をしていくのだから、難しい。

つまり、機能を新しくするとか、古くなって痛んだところを変えるというのなら
変更は目に見えて「良くなった」とわかる。

しかし、まだ先の見えない「新化」に向けて内装を変えていこうというのだから、
その意義や良し悪しの判断材料が乏しいのです。
もともとインテリアは趣味的な要素が大きいですし。


少しずつ変えていくたび、プロジェクトメンバーの視線の厳しいこと。


見慣れた光景が、毎日出勤する度にがらりと変わっていくのだから、
良いい意味でも悪い意味でも「違和感」は当然のことののように膨れ上がっていきます。

その違和感が数日で落ち着いてくれば、その内装変更は成功だったのだろうし、
数ヶ月経っても違和感が消えないのなら、違和感は嫌悪感に変わったということで、
失敗だったということなのでしょう。

「もう見慣れましたよ」
という感想は、変えた意味がないような感じを受けますが、デザイナーとしては
ホッとする言葉でもあります。




ところで、このような仕事は、私のようなデザインをする人と施工会社が二人三脚となって取り組む必要があります。

以前、大規模な庭の改修プロジェクトに取り組んだとき、痛感しましたね。
一から建築するときもそうですが、改修となればなおさら、施工会社の
ノウハウやがんばりや提案力がモノをいいます。
庭の改修ですから、特段の新しい材料はないわけです。
今庭にあるものを使うということで。
費用の出しようもないし、どれだけ手間がかかるのか事前にはわからないし。
その時の造園会社は真剣に取り組んでくれました。
「できません」とはいわず、「こうすればできます」といいながら。
予算内に収まり、
そしてクライアントに大いに喜んでいただきました。


設計者が「こんなん作って、ここをこう変えて…」といっても、
できるできない(時間やコストも含めて)
の判断は、実際に施工する人にかかっていることが多いのです。

何しろ、既に目の前にモノはあり、それを壊さずに、変えていかなければいけないからです。

昔の図面はあてになりません。
いちから現場で実際にあるものの寸法や素材や内部構造を調べ上げて、
取り組まなければいけません。
手間もひまもそして目に見えないコストもかかります。



写真を掲載できないのが残念ですが、感じはわかってもらえました?






デザイン | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。