ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ショップ開業

京都の竹のやたら編み


ネットショップを開業した。屋号はルーセントマート。
ある事情があって。(事情詳細はまた今度)

で、どんなものを売っているかというと、家具(ソファが充実)、インテリア、雑貨、ガーデングッズなどだ。

一例としてこれを紹介しよう。

京都の竹で竹炭を包んだもの。

癒しグッズというべきなんだろうな。
なんともいえず、おしゃれだと思うよ。

普通、こういう消臭グッズはピンクやらグリーンやらの激しい色で、トイレに置くならとにかくも、リビングには決して置けないものが大半だけど、これはもう立派なインテリアオブジェ。

竹職人が手づくりしている作品だ。


興味が沸いた人は詳しく見てほしい。

この商品のページ
ルーセントマートトップページ




ところで、「ヒーリング」ってものは、なんだか怪しい響きがあるよね。

なんだか妙なものを掴まされるような気がして。

「モノ」でヒーリングなんてなかなか得られない。

人の「愛」が最大の癒しだろうね。

癒しというとストレートだけど、ヒーリングというと、なんとなくあいまいに幅が広くなって、あれもこれもヒーリングに効果アリ、ってなってキャッチフレーズに使われてしまうんだろうね。




では、今日も鼻を押さえて打ち合わせに出かけます。

スポンサーサイト
セレクトショップ | コメント:0 | トラックバック:0 |

最後の踏ん張り

体が資本ってことで、ここ数年風邪なんか引いたことなかったし、腹痛にもなっかことがなかったのだが、どういうわけか、ついに風邪気味だ。やれやれ。

フローリングの色を変更したので、幅木の色も変えなくちゃな。
えと、木製建具の色はこれだから、ドアノブのカラーはこれで、収納建具の取っ手の色はこれで、和室の建具の色は、そういや工事会社がこのメーカーに変えて欲しいと言ってきてたな、って、うーむ今日もどうも頭が回らないな。

こういうときに思い出す、原広司先生の言葉。

プロジェクトの最後の方になって、頭がこんがらがってきてついつい面倒やなという気持ちになったとき、いかに冷静に最後の踏ん張りを利かせられるかが大事だって。

詰まってきた鼻を押さえながらがんばろ。
そんなこともある | コメント:0 | トラックバック:0 |

セイヨウアサガオ

いつ購入したのか忘れたし、そこに植えたことさえ忘れていたのだが、今年はセイヨウアサガオがたくさん咲いた。

池端のモミジの木に絡まって大きくなっていた。

すでにモミジの葉は紅葉することもなく枯れ落ちてしまったが、朝顔の葉はまだ緑で、つい先日まで鮮やかな青い花を咲かせていた。
ただ、それももうすぐ枯れるのだろう。わずかに黄色味がかっている葉もある。


しかし、なぜそんなところに植えたのだろう。

日当たりはよくないし、絡まる相手も好ましくない。

私の仕事場からちょうど目の前だから、鑑賞にはちょうどいいのだが。

来春、植え替えるかどうか思案しなくちゃな。



今日は全く仕事をする気がしない。

疲れきっている。

先週木曜日から昨日の日曜まで4日間で6回の忘年会、宴会、飲み会、会食続きで、さすがにヘトヘトである。

仕事もそうだけど、こういうのもばらけてくれるとありがたいんだけどな。
庭の木や草花 | コメント:0 | トラックバック:0 |

安藤忠雄さん

昨日、建築家の安藤忠雄さんの話を聞いた。

ルミナリエで沸き返る神戸元町のジャズバー・JAMJAMで。

参加者は若い人が多かったので、安藤さんの若かりし頃の苦労話みたいな内容が多かったが、この歳になって独立して日々頭を打ちまくっている僕としては、まるで今の僕のことみたいやな~という感想でした。

今までもこういう話は安藤さんから耳だこになるくらいに聞いてはいたんですが、それは、僕がサラリーマン時代のこと。昨日の話は、まるで今の僕に向かって話されているようで、違って聞こえたねえ。

ある参加者から、「安藤さんにとって今年はどんな年だったか。それを文字にするとどんな漢字か?」という質問が出たが、
安藤さんはこれには直接応えず、「一年なんてあっという間」「やりたいことが、やらなくてはいけないことがものすごくたくさんある」「振り返っている暇なんてない」
と、切って捨てた。

そうやん!
ついつい、「今年は○○やったなあ」
なんて口にしてしまいそうだけど、そんなこといってる身分じゃないよね。少なくとも僕は。

膨大な作業量に追いまくられ、夢はますます膨らみ、焦りが募るばかり。
今日は雨の日曜日。さ、インテリアのスケッチでも始めるか。



ところで、数年前、安藤さんにプレゼントした僕のミニ盆栽。

京都南禅寺の山門のモミジの種から育てた7年ものだったが、あれは、庭に植えたって。
「盆栽なんて手間かけられないよ~」とは奥様の話。

そりゃそうだ。超がつく多忙な人なのに。
妙なものをあげてしまったものだ。
困らせてしまったんだろうな。すみません。僕の思慮のなさに反省。
庭で元気に大きくなっているそうだから、それはいいんだけど。

建築 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今年はサッパリの紅葉

私の目の前に庭があり、ナツツバキの株立ちの向こうは池、池の脇にヤマモミジとコナラの株立ちが生えている。

(どんなでかい庭やねん! 奥行4mだけど)

毎年、順番に紅葉していくのだが、今年はさっぱりだった。

ナツツバキはそれなりに赤くなったが、モミジが駄目だ。
赤い葉もぱらぱら見えるが、ほとんどがただ単に枯れていくだけ。
今見ても、並んで生えているコナラ(どんぐりですな)と同じ色だ。

このふたつの木の葉は、どさりとそのまま池に落ち、それを網ですくうのが、これからの日課となるのだが、赤い葉がないとそれを眺める楽しみも減ります。


いずこの紅葉も今年は駄目のようで、猛暑を恨むばかりですね。


さて、このところ仕事が忙しい。
することが際限なくある。

以前、精神衛生上悪いからと、夕飯(だいたい8時ごろ)を終えるともうPCに向かっての仕事はしない、と決めたのだが、その禁を破ってしまっている。

私の仕事ぶりは妻いわく、「なんも聞いてない」
カンカンになってわき目もふらず、集中してやります。

晩飯を食ってから、もうちょっとだけ、とやり始めると1時とか2時とかに寝るまでその調子でやってしまうわけです。もうそれこそヘトヘト。
続きません。

ということで夜の作業はしないことに決めたのですが、このところはついつい。

そうなってしまった原因は某PJにあるのですが、私の人のよさが裏目に出たんですね。
庭の木や草花 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。