ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ナスカ展

京都文化博物館で開催されていた世界遺産ナスカ展(地上絵の創造者達)に行ってきた。
もう終わってしまったので、ここで詳しく紹介しても意味がないが、簡単な感想を。

印象に残った点を3つほど。

出土した土器がたくさん展示されていたが、これがすばらしい。
とてもポップな図柄で、神々や人々などが描かれているのだが、ユーモラスで大胆。
口から吹流しが出て、その先端に首級(トロフィー:切り取った人の首だ)がついていたりする。といってもおどろおどろしい感覚ではなく、いきいきとしているのだ。首をすべてのエネルギーの源であるとして崇拝していたということらしい。

ただ人の顔の表情が少し乏しいように感じた。
言い換えると、とぼけた感じ、ともいえるのであるが。

それにしても、それらの出土品が美しいこと。
乾燥しきった土地柄ということもあって、痛んでいないのだ。
もしかするともともとはもっと鮮やかだったのかもしれないが、日本の出土品と比べるとその差は歴然。見ている人たちも、「これホントに本物?」ということがあちこちから漏れていた。

次に、織物。
これもまたすばらしい。何がすばらしいかというと、まずはデザイン。
これが起源0~300年頃の作品だとは到底思えません。
細かい作業で、綿密に計算されたデザインなのです。
もちろん図柄はポップで楽しい。
色も鮮やか。
唸ってしまいましたね。

で、ミイラ。
子供ミイラの包み物をはずしていく作業がビデオ上映されていましたが、顔の部分の綿がはずされて、顔が出てきたときには、おおっーということがいっせいにあがりました。
それほど、顔がそのままの表情で出てきたのです。なんと眼球まであるんですよ。
ただ、その本物がすぐ後ろに展示されているのですが、展示物の配置がいいので、まずはビデオを見て、振り返ると本物が展示されているという演出です。
(実は、このことに一番感動していたりして)

最後におなじみ、地上絵
あのCG(コンピュータグラフィックス)上手くできていましたね~
構造物はないので、作業そのものは単調だったでしょうが。
地上絵のある台地の様子がよく掴めました。
印象的だったことは、案外それぞれの地上絵そのものは大きくはないんだ~ということ。
地上からはその全体像が掴めないということなので、もっと大きなものだと思っていました。
コンドル、サルとか有名ですよね。
数百メートルあって、見えるのは1本の線だけということかと思っていましたが。
おのおの100m前後。
勉強しました。



ところで、ナスカ展の前には大阪の国際美術館で「ロシア皇帝の秘宝展」に行ってきました。
2週間ほど前ですかね。

こちらは……、もういいか。これも済んでるし。

でも、思います。
食わず嫌いは損するなあ。
普段の興味の対象ではなくても、行ってみると必ず発見や感動がありますね。
どんな展覧会でも。


バリ島に定住した画家の知人が、現地の芸術家に作ってもらったという「お多福」の数々を展示する展覧会が大阪で開くといいます。
これも行ってみるかなあ。
スポンサーサイト
そんなこともある | コメント:0 | トラックバック:0 |

待っているもの 3つ

待っているもの1

キツネ後日談を書きたくて、発見現場に通うものの、その後姿は見れず。
どういうわけか、あんなところに、あんな時間に、駐車している車があって、邪魔でしようがない。エンジンかけたままで、ご丁寧にもハザードランプまでつけて。
キツネが出てこられへんやんけ! どかんかい!
と言いたいものだ。
それにしても、あいつら何しとるんや?


待っているもの2

左欄のプロフィールにも書いているように、自称ミステリー作家であります。
いえ、出版したことはないんです。賞に応募しまくっているだけ。
角川書店のNEXT賞という賞ではCランクを連発しました。
他の出版社でNEXT章Cランク作品と銘打って出している本がありましたので、お、俺もいけるかも、なんて思ったりしていましたが、最近はあきらめムード。
出版することをあきらめるのではなく、紙の本として、賞に応募してという方法はやめようかなと。
そもそも、書いたものを読んで欲しいだけなんだから。
ということで、ウェブ出版という形に。
現在審査中。連絡待ち。


待っているもの3

ヤフーのカテゴリー登録審査中。
これねえ~
何度申込してもダメ。
「自分流に愉しむ気ままな庭づくり」のサイトなんですけど。
どうしてダメなんでしょうかね。
他社の広告入れているから?
コンテンツはとても充実しているし、役にも立つとと思うんですけどね(自画自賛~)
だれかダメな理由を教えてくれないだろうか。
公然の秘密とか公表されていない内規とかあるんだろうか。
単に、未熟なサイトだからっていう理由かもしれないけど。(落ち込みます)
ま、今度こそはと、ウェイティング中。
そんなこともある | コメント:0 | トラックバック:0 |

とんでもないものを見た!狐!

先週水曜日の話の続き
さあて、お立会い!
今年になって最も驚いたのが先週水曜日の夜だった。
網戸の枠に入り込んだ蜂の巣を撤去し、総理大臣の突然の辞意表明に続き、夜は夜でとんでもない事件が。

あ、しつこいね。
いえね、その日は注文しておいた新しいPCが来たのです。
で、そのLANケーブルを買いに、夜7時半ごろ、近所の電気屋に妻と車で出かけました。

我家は新興住宅街にありますが、最近はずいぶん開けてきたとはいえ、周りには少々田畑や山林が残っています。
山林といっても、住宅街の隙間に取り残されたような築山みたいなものです。
粗造成されただけで、10年以上もそのままの荒地が広がっています。

で、その荒地の間を車を走らせていました。家を出てからまだ一分も経っていないところです。
「ん? 猫か?」
と、私はその動物をやり過ごしてから、
「!!!」
と、あわててUターンしました。
キツネや!!、ほら狐、きつね!!」

で、あわてて家にとって返し、
「靴なんて履いているひまない!!」
と、娘を車に乗せ、デジカメを掴み、再びその現場へ。

いましたいました。
フォトはこれです。
輪郭はわかるでしょう。真っ暗な中で撮ったものを
フォトショップで色の変換をすると、狐の姿が浮かび上がりました。
キツネ


いるんだ~ こんなところに。
タヌキは何度も目にしていましたが、まさか狐がいるとは。
野生のキツネなんて、北海道でしかお目にかかったことはありません。
感動しました。
ああ、それにしても、このキツネの未来は……。
今はまだ、築山もあるし、荒地だらけだからいいものを。
と、新興住宅街に住み始めた私が身勝手に思ってしまうのです。
街歩き観察 | コメント:0 | トラックバック:0 |

地蜂の巣

地蜂の巣

先週の水曜日はとんでもない一日だった。
まず、朝はこれで大騒動だ。

普段は開けることのない廊下の網戸が、開かない。
ん? それに上からモルタルのようなものが垂れている。

強引に明けてみると、うへっ。
なんと地蜂の巣がびっしり。
ま、上の写真のような状態です。

網戸とその上枠の隙間に蜂が入り込んだんですね。
写真ではよくわかりませんが、その枠の奥まった中の方にまで巣があり、
撤去するのに往生しました。

先日から、地蜂の狩りの様子を見ながら、庭は楽しいねーなんて言って、ブログにも掲載していましたが、これじゃ散々ですね。


これが、午前中の騒動。
午後からはご存知、お坊ちゃま総理が「僕やめた~」
といったので、このテレビ放送を見続けて夕方。

それにしても、これには驚き、かつ呆れ果てましたね。
そもそも、この男が総理になったときのことは、私は一生忘れません。
もう、報道もされませんが、当時、耐震偽装が連日話題になっていました。
そしてこの男にも疑惑が生まれ、それが今まさに追求されようとなったときに、
いきなりライブドアの捜査でしたね。国営放送に事前にスタンバイさせて。
すぐに何でも忘れてしまう国民の目を他へ向けさせる、というミエミエの作戦でしたね。

しかも、最も許せないのは、捜査に当たった役人がテレビで語った一言。
「日本の子供たちのために」だと。
はあ~~~~~。嘘ばっかり。本当の巨悪には見て見ぬ振りなのに。
それに、
捜査にあんたの主義主張を交えていいのかね~。
その方が問題があると思うけど。

おっと、いけない。
政治関係のことは書かないことにしているんだ。
しかも人様の悪口は。



そして、夜の騒動については、また後日。

庭の動物・虫・魚など | コメント:0 | トラックバック:0 |

オオフタオビドロバチの狩2

オオフタオビドロバチの狩2

前回に引き続きオオフタオビドロバチの狩りだ。
1匹の蜂が巣の中にもぐりこんで……。
そのうち、幼虫を引き摺り出すだろうとカメラを構えるものの……。

いつまで経っても情勢に変化なし。
ん?
オオフタオビドロバチの狩りだと思っているのだが……。
違うのか?
もしかしてオオフタオビドロバチ自身の巣?
まさか。
こんな葉っぱは秋になると枯れ落ちてしまうんだから。

いや、庭はおもしろい。
知らないことは多いなあ。

庭の動物・虫・魚など | コメント:0 | トラックバック:0 |

オオフタオビドロバチの狩

オオフタオビドロバチの狩

庭のブドウの葉を巻いて、蛾(なのだろう)の幼虫が住まいとしているのは気がついていた。
ある晩、見ると、蜂が攻撃していた。
オオフタオビドロバチというそうな。
蛾の幼虫を自分の巣に持ち帰り、子の餌にするのだ。

庭で繰り広げられる生きるためのドラマ。
庭遊びは楽しいね~
花を育てるだけが庭の楽しみじゃないということを、こんな写真を撮っていると痛感しますよね。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

庭の動物・虫・魚など | コメント:0 | トラックバック:0 |

サルスベリミニ盆栽

仕事場のサルスベリミニ盆栽

マイデスク(仕事場)のサルスベリ
デスク周りに観葉植物を置くのは「普通」ですが、こんな花の咲いたミニ盆栽を置くのもステキでしょう。

ちなみに
このミニ盆栽の紹介ページは本体のホームページにあります。
こちらドロアシのサルスベリミニ盆栽


よその庭のサルスベリはもうとっくに咲いているが、なぜかミニ盆栽にしているこのサルスベリは今頃になって咲き始める。この写真では見にくいが、もうひとつつぼみがある。

やれやれ。酷暑もとうとう峠を過ぎたかな。
まだクマゼミは鳴いているが、やや声の力は落ち、ツクツクボウシの出番ですね。

ひどい夏でした。
暑さもさることながら、忙しくて。
人並みに7連休とか9連休ってものを取ってみたいものです。

でも、今年は高知のよさこい祭りに行きましたよ。
追っかけってのがあって、ひいきの連の踊りを追っかけていくそうな。
で、私もそれをやってきました。
春に京都よさこいってのがあって、そこへ高知本場の連が参加していました。
「十人十彩」(じゅうにんといろ)というチームなんですが、なかなか迫力があり、華やかです。
ま、この連をどこかで見ようと、思っていたわけです。

おもしろいサービスがありました。
携帯のサイトで、どこそこの演舞場では今どこの連が踊っていて、どこそこの連はウェイティング中だということが分るのです。
あるいはどこそこの連は今どこへ向かっているか、今踊っているのかということもわかるようになっています。
あれは便利でしたね。



今日もいつものように、出だしの話題と全く関係のない話で終わります。

盆栽 | コメント:1 | トラックバック:1 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。