ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ヒヨの子育て

ここ数日、我家の庭は賑やかだ。
仕事場にしている部屋の窓際など、私の目の前にカラスが止まり、びっくりさせられる。
ということは、「そろそろあの季節」だ。

ヒヨドリの雛



そう。庭にヒヨドリのヒナが走っている。

コナラの木の上のほうに巣があるのだが、そこから巣立ったヒナだ。
まだ飛べないので、羽を広げてバタバタと庭や駐車場の辺りを走り回っている。
親鳥が餌を運んでくると、草の間からギャーギャーと泣き叫ぶ。

カラスが心配。交通事故が心配。
そして、一番の心配は、庭の池に落ちないかと心配。
近所の友人いわく、まるで、親のように心配しているなあ。


スポンサーサイト
庭の動物・虫・魚など | コメント:2 | トラックバック:0 |

フラ(アロハ サマー フェスティバル IN OSAKA)

アロハ サマー フェスティバル IN OSAKA

先週末、大阪梅田のスカイビルで「アロハ サマー フェスティバル IN OSAKA」が開かれた。

なんと、愚妻が出場しました。もちろんフラのダンサーとして。
二日間で延べ1200人のダンサーが出場したとか。
たくさんいるもんですねえ。フラ人口。

で、愚妻の出場時間は昼の2時半ごろ。
まあ、おばちゃんのダンスです。
夕方近くになると、どんどん若い女性のチームが出てきて、やはり見ごたえがちがいます。上手い。
もしかして、ヘタッピ順?
んなわけないので、平均年齢順だったりして。

若い子には、カヒコ(古典フラですね)の人気が高いよう。
あれは群舞として迫力ありますねえ。
一糸乱れぬ動きの激しい踊り。いいですねえ。

スカイビルといえば、私が関わったプロジェクト。
そこで妻が踊り…、なんともいい気分の日でした。
それにしても2時過ぎから夜までフラを見続けてさすがに疲れました。

梅田スカイビル



と、ここで、ちょっと宣伝。
地下の滝見小路に皆さんいってください。
ああいう、斬新なビルの地下には懐かしい光景が広がっています。
その中の模擬交番には私が書いた詩が掲げられています。
詩というのもおこがましいものですが、プロジェクトの「気分」を読んだものです。

店はいずれも大阪の選りすぐりの店。
離れたところにある居酒屋コナカも覗いてください。いい店ですよ。

そんなこともある | コメント:0 | トラックバック:0 |

サントリー山崎蒸留所

今日は大阪島本町にあるサントリーの山崎蒸留所に見学に行ってきた。
一言で言って、あれはいいね。
見学所要時間は約1時間。
実質見学は30分くらいかな。仕込から樽で寝かすまでざっと見てまわる。ウイスキーの匂いと木の樽の匂い。
時代の臭いだ。

サントリー山崎蒸留所



それからはお待ちかねの試飲。
今日は山崎の12年物の水割りとソーダ割り、そして白州の12年物のロックをいただいた。ただで3杯も飲んでいいのかいな。

かれこれ20年ほど前になるが、ここの工場長だった今の副社長と一緒に、工場の案内システムをどうするかって研究したときのことを思います。
今日、雨模様の土曜日。観光バスで来ている団体客もいて、賑わっていること。立派な案内ホールもできていて隔世の感があるね。当時もこの工場見学は人気があったが。

工場の方はというと、もちろん我々の目に見えないところで、進化しているのだろうが、見た目には20年前と同じ。かたくなに歴史を守っているのだろう。

そして山の湿った空気と清浄な水。
ああ、気分よかった。
街歩き観察 | コメント:0 | トラックバック:0 |

コナラ剪定

昨日、拙宅の庭のコナラの木を剪定した。
ヒヨドリが昨年作った巣が今年は使われていないようなので、遠慮なくばっさりといくことにした。

もともと、株立ちの木で、樹高は必要ない。
大きすぎると隣の家の庭に影を作るし、裏の家の屋根に覆いかぶさるしで、気を使う。

いま、これを書きながら眺めていると、見違えるようにすっきりしたが、枝が込んでいるところや樹形を乱しているところ、徒長枝など、気になるところがまだある。
また、続きをしなくては。高枝切りバサミをまた借りてこなくては。
庭の仕事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

薬剤散布

庭に出ていると毛虫がポツポツ。
またこの季節ですね。
昨年は油断してハナミズキの上部が坊主になるほどやられてしまいましたので、今年は注意深く観察です。

拙宅では木を丸ごとの薬剤散布は基本的に行いません。
池があるからです。
ですから、毛虫がまた小さく固まっているときに、シュッとひと吹きで済ませます。あるいはピンセットでコツコツ。

そう、理想は。
とはいうものの、面倒なんですよね~
庭の仕事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

暑くなったり寒かったり

妙な具合だ。
いきなり夏日かと思えば肌寒かったり。
今日も嵐のような風が吹いたと思ったら、陽が差してきたり。

今、拙宅の庭に咲いているもの。終わりかけも含めると、
スズラン・ユリオプスデージー・ツツジ・ツルニチニチソウ・ブルーデージー・君子蘭・シャガ・シラン・クチベニシラン・セダム・クリスマスローズ・モッコウバラ・ヤブツバキ・コデマリといったところ。
もうすぐクチナシやサツキやアジサイが咲き始めるね。
なかなか気持ちのいい季節である。
当然だね。5月なんだから。
おお、そういや、クロチクのタケノコが変なところから出てきている。
これは刈ってしまわねば。



庭の木や草花 | コメント:0 | トラックバック:0 |

蛍烏賊

イカナゴの次はたけのことの季節だと言ったが、
その前に、まだまだホタルイカが健在だった~
これも大好物なのだ~
そんなこともある | コメント:0 | トラックバック:0 |

季節は巡る 淡竹を食べて

いつのまにかイカナゴの季節が終わり、タケノコの季節になった。
イカナゴは大好物で、バクバク食べながら酒を飲むときが至福の時間。
さてそろそろタケノコ会の段取りを考えなくちゃな。
タケノコ会とは友人たちが京田辺の「名産」ハチクを食おうと拙宅に集まってくれるものだ。

淡竹」と書いてハチクと読むのだが、その名の通り、アクがない竹。
実際はなかなかそうもいかなくて、年によって、あるいは取れる場所によって、あるいは採るタイミングによって、味は違うようだ。
今年も早速ハチクを見つけて購入してみたが、アクはあった。孟宗竹のタケノコよりずっとましではあるが。

世間は連休ですねえ。
私めは相変わらず、連日なんらかの作業に明け暮れていますが、五日だけは京都上賀茂神社に出かけようと今から画策しています。
朝のうちは某現場にいくのですが、午後から。
競馬(くらべうま)という行事があるそうだ。

そんなことを考えながら、今日は朝から、ご機嫌です。
昨夜家族で見た「フラガール」という映画に涙し、今朝はYOU TUBEにアップされているワイルドワンズの「思い出の渚」を聞いて。

そんなこともある | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。