ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

金星・月・木星 一直線の天体ショー




空中庭園のスタッフブログを読んでいて、ああ、そうだったのか、と思ったこと。

その夜、妻と夜の街を散歩していました。
そして夜空を見上げて、おおっ、珍しいぞ、宵の明星と月と、もうひとつ明るい星なので木星か、がきれいに並んでいる!
と、はしゃいでいたのです。
その前日は、薄べったい二等辺三角形でした。

と、それだけで終っていたのですが、空中庭園のスタッフブログを見てびっくり。

なんと、なかなか珍しい天文ショーだったようです。

で、早速、国立天文台のサイトへ。

トピックスとして記載してありました。

3月下旬は、木星と金星の近くを細い月が通り過ぎていく様子を観察することができます。明るい惑星と月の接近はとても美しく、見ごたえがありますので、ぜひ観察してみてください。月は25日に木星の少し下側に見え、26日には金星と木星の間に見えます。そして、27日に金星に近づき、その後、離れていきます。特に26日は金星、月、木星がほぼ等間隔で縦一列に並び、とても美しい光景になるでしょう。

とのこと。

なるほどねえ。
夜の散歩も捨てたものじゃないってことですね。


だいたい、星や宇宙には常に関心があります。

なぜかって、今、書いているミステリーがSFだから。
それに、毎日、夕飯を食べる時間帯のテレビ番組が、ナショナルジオグラフィックの「宇宙」シリーズだから。


ということで、
生駒三条ミステリーシリーズの「ニューキーツ」を、もうお読みくださったでしょうか。

長い長い話ですが、いよいよ、終章に近付いてきました。
本来は、3月中に完結予定だったのですが、4月に少しずれ込みそうです。
ご評価ならびにご感想をお待ちしています。

久しぶりの自信作ですし、絶対に面白いと思いますから、と自画自賛。


スポンサーサイト
街歩き観察 | コメント:0 | トラックバック:0 |

花苗生産直売

花苗生産農場
昨日のことです。
家から歩いていけるところに、こんなところがありました!

見ての通り、花苗の生産農場。
こういうビニールハウスがドドーンと4棟、建っていました。
我家は松井山手という新興住宅地にあり、ちょっと外れるとたちまちのどかな田園地帯となります。
こういうビニールハウスはたくさん見かけるのですが、昨日、ふと見ると、生産直売という看板が出ていたので、覗いてみました。

が、
近づいていっても売店らしきものはなく、ましてや客の気配も、店員の気配もなく、完全に農場の様子。
あれっ?、と思っていると、
でかいトラックの後ろから、マイド~と声を掛けられました。
「店はどこ?」
「ここですよ」
と、指差されたのは巨大ビニールハウスそのもの。

「どれでも好きなものを。みんな80円!」
「へえ」

ガラガラ~と扉を開けると、
おお!!

コレはすごい。圧巻。
何万ポットあるのでしょう。(聞き忘れたのが残念)

好きなものを、といわれても…ありすぎて…
いや、これは、もう、すごい数・・・


生産者が、一年前から小売も始めてみたということでした。
奥様が出ていらして、これはなんで、こっちは何回ピンチしたもので、あっちはハーフの八重で、と説明をしてくれます。



とはいえ、生産者ですから花の種類は多くありません。
あたり一面、ベゴニア!!
こっちは延々とインパチェンス!!
このあたり一帯はコリウス!!

という調子です。


「1個でもいいん?」
「はい!」


はあ~
気後れするなあ~


妻は選ぶことさえ諦めて、帰ろうとしています。
といいつつ、10ポットほど購入しました。
ホームセンターで買うより半分の価格ですね。




ここ松井山手に住んで10年以上になりますが、近所にはおもしろいところがまだまだあるということを発見して、なんだかうれしい気分で家に帰りました。



街歩き観察 | コメント:0 | トラックバック:0 |

木津川宇治川桂川三川合流花見サイクリング

煮詰まってきたので、今日は妻と昼からサイクリングに出かけた。
大住の桃畑の横を通って、大住の桜並木を通り抜け、木津川堤防に出た。

で、茶畑を横目に見ながら、北上すること30分。
春うららで、快適快適~。きもちいい。

有名な「流れ橋」も、堤防の上からパチリとするだけで通り抜ける。

流れ橋はこの写真。黒いのは茶畑です。
木津川八幡流れ橋

時代劇にもたくさん登場するそうな。
洪水の時には橋げたから浮き上がり、流されていく。(ワイヤーで繋がっているので、洪水が収まるとずるする引き寄せてもとのところに。流されぬようにむりやり頑丈に作るより合理的だね)


で、到着しました。
京都府八幡の三川合流地点、背割り堤防の花見の名所。
八幡花見1

下に見えるのは木津川です。
桜が植わっているのは、木津川が宇治川の合流するちょんさき。

まあ、人の多いこと。
自転車組みだけでなく、もちろん京阪電車で来る人もわんさか。
長い橋を行列を作って渡っていきます。

八幡花見2


堤防の上を桜の天蓋をくぐり抜けていくことになります。突き当りまではそれなりに距離があります。
(1.4kmもあるそうな…)
舗装されていて歩きやすいがやはり混雑。ベンチは余りありません。

岩清水八幡宮のある男山を臨む南側は広くていいのですが、バーベキューをする連中がわんさか。
あの匂いを嗅ぎながら花見をするのが嫌な人には向きません。
(私は絶対にいやです。どっかよそでやってくれ)

大山崎山荘やポンポン山を望み、宇治川の濃い水の色も眺めながら歩きたいなら堤防の北側を行くのがおすすめ。

先へ行けば行くほど混雑も少なくなり、行楽で行かれるのなら、絶対に先っぽまでいかれた方がいいと思います。
(先っぽまで行ってもなにもありませんが、歩けます)



あ、なんだ。今日のブログは!
行楽記事になってしまった!

ええい、ついでじゃ! 流れ橋のフォトも載せておこう!
(こんな記事、前にも書いたような気が…)
木津川八幡流れ橋


さすがに浮かれてしまう季節だね。









テーマ:京都花見スポット - ジャンル:地域情報

街歩き観察 | コメント:0 | トラックバック:0 |

白川郷と白山スーパー林道に行ってきた

雑用に溢れている。

電話・ファックス・買い物・
PCのいろいろな設定・ダウンロード・
手紙を書く・メールを出す・
出版用の企画書を書く・
来年の大学の講義の時間を連絡する・
会社用の封筒や便箋を作る・

観葉植物を屋内に入れる・
盆栽用の種を取りに公園にいく・
気晴らしに自転車で町内を回る・
庭の掃除をする・

倉庫を片付けに行く・
飲み会に参加する・
池の掃除をする・
金魚鉢の水を変える・

おいおい、いつ「仕事」をしてるんだ?
毎日毎日、フルパワーで土日も休みなく時間も際限なく仕事をしております。
会社から一歩外へ出ると、パチンとOFF TIMEという暮らしがうらやましい。
夕方、オフィスビルから続々と人が出て来るのを見ると、つくづくそう感じます。


さて、
気分が煮詰まってきたので、かねてから行きたいと考えていた白山スーパー林道に紅葉を見に行った。
(携帯電話は通じないぞ~~~~!!ヨシ!!)

hakusan.jpg


この下の山道を15分ばかり辿ると混浴の温泉がある。
せせらぎに満ちたとてもステキな空間です。
(次回は入ってみよう)

で、かの有名な世界遺産・白川郷にも立ち寄った。
観光地化されているという評もあるが、なかなか趣がある。
観光シーズンということもあって、平日にもかかわらず、カメラ片手の団体客も大勢いて賑やかだが、そんな程度のことでこのすばらしい景観が損ねられることはない。


sirakawago.jpg



この写真、何てことはない「庭」だが、奥のイチョウの黄色が輝いていていいでしょう。

街歩き観察 | コメント:1 | トラックバック:0 |

とんでもないものを見た!狐!

先週水曜日の話の続き
さあて、お立会い!
今年になって最も驚いたのが先週水曜日の夜だった。
網戸の枠に入り込んだ蜂の巣を撤去し、総理大臣の突然の辞意表明に続き、夜は夜でとんでもない事件が。

あ、しつこいね。
いえね、その日は注文しておいた新しいPCが来たのです。
で、そのLANケーブルを買いに、夜7時半ごろ、近所の電気屋に妻と車で出かけました。

我家は新興住宅街にありますが、最近はずいぶん開けてきたとはいえ、周りには少々田畑や山林が残っています。
山林といっても、住宅街の隙間に取り残されたような築山みたいなものです。
粗造成されただけで、10年以上もそのままの荒地が広がっています。

で、その荒地の間を車を走らせていました。家を出てからまだ一分も経っていないところです。
「ん? 猫か?」
と、私はその動物をやり過ごしてから、
「!!!」
と、あわててUターンしました。
キツネや!!、ほら狐、きつね!!」

で、あわてて家にとって返し、
「靴なんて履いているひまない!!」
と、娘を車に乗せ、デジカメを掴み、再びその現場へ。

いましたいました。
フォトはこれです。
輪郭はわかるでしょう。真っ暗な中で撮ったものを
フォトショップで色の変換をすると、狐の姿が浮かび上がりました。
キツネ


いるんだ~ こんなところに。
タヌキは何度も目にしていましたが、まさか狐がいるとは。
野生のキツネなんて、北海道でしかお目にかかったことはありません。
感動しました。
ああ、それにしても、このキツネの未来は……。
今はまだ、築山もあるし、荒地だらけだからいいものを。
と、新興住宅街に住み始めた私が身勝手に思ってしまうのです。
街歩き観察 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。