ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

おお! ケヤキの根

これ見てください。

ケヤキのミニ盆栽の根

ケヤキの盆栽の根です。
2年間植え替えないと、こんなことになります。

この長大な根を全部つなぎ合わせると、だいたい何メートルくらいになるのでしょう。

もちろん、この根は水分は吸うでしょうが、全く土がない中で、よくぞ頑張ってくれました。
むなしく小さな鉢の中で延々と根を伸ばし…。
もう限界だったはず。


元々はこんな感じのケヤキの盆栽です。

ケヤキのミニ盆栽


ケヤキの盆栽は落葉のときが鑑賞時です。
細かく枝分かれした状態を楽しむんですな~。
寒風が吹きすさぶ大地を心に描いて。

ですが、私は紅葉時も大好きです。

こんな感じ。

ケヤキ盆栽の紅葉
数年前に撮影したものです。今は、ケヤキらしくもう少し幹が太って、貫禄がつき始めています。


スポンサーサイト
盆栽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

大失敗の土作り

2年間、ミニ盆栽の植え替えをしていないので、今年は何が何でもしないと。

と、今朝、土作りをしていました。

ところが大失敗。

微塵を抜いた赤玉土バーク堆肥を少々と緩効性肥料を少々混ぜるのですが、堆肥の代わりに古い花苗の土を入れることにしたのです。
混ぜ終わって袋を直すときに、ふと見ると袋には油粕と書いてあるではありませんか。

ゲ。

混ぜているとき、どうも白っぽいし、妙な臭いがするなと思っていたのです。
古いので、こいつは発酵しとるなと。
まあ、いいや、と。

まさか、油粕だとは。



これは、肥料分が多すぎて使えません!!


ということで、赤玉土を買いに行って、大量に混ぜて、肥料分を薄めなくては。
とはいえ、そんなに多くの土は要りません。
何しろミニ盆栽ばかり。

土はバケツ一杯もあれば、十分です。
それを3杯も4杯も作っても。


最初でつまづきました。


盆栽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ヒバリが鳴き始めた もう。

今朝、ヒバリが鳴き始めました。
もう、春?
まさか、このまま春?

んなことはないと思いますが、暖かいですね~
この冬はついに雪が積もらないまま、となりそうです。


ちょ、ちょっと待ってくれ。
まだ春には早い。

ミニ盆栽の植え替えを多忙のせいで2年もやっていません。
まずいです。
小さな鉢の中は既に根だけになっていて、土なんてドコ、という状態。
この春こそは新しい土で植え替えないと。

が、まだ、準備はできていません。
土の用意も、根鉢を固定する針金も。

暖かくなって、根が動き始める前に植え替えるのがベスト。
とはいえ、寒かったらいつでも良いかというとそうでもない。
作業マンの都合で言えば、鉢の中の土が乾いている方が圧倒的に作業的に楽です。
それに、イライラせずに、根を傷めることも少ないです。
一昨日に雨が降ったので、今日はまだ鉢の中はベタベタのはず。


ミニ盆栽のために、まだ、そんなに暖かくならないで欲しい。
盆栽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

大住春の園芸展のこと

久しぶりにミニ盆栽の話

大住春の園芸展

展覧会の様子
園芸展には地域の人達が丹青込めたたくさんの花や盆栽などが並んでいる。
私もその隅っこに小さなスペースをいただいて、飾らせていただいた。

(中央のパラパラした小さな7鉢が私の出品したもの)

大住春の園芸展

説明するほどの作品ではないが、一応。

左端の船の形をした鉢=クコ
(住道駅の自転車置場の横に生えていたクコの木の子供)

中央左=ハキチョウゲ
(前に住んでいたマンションの庭の木から挿し木)

中央右ひょろこいやつ=アベマキ
(近所の山の万灯呂山にハイキングにいったときに種を拾ったもの)

左奥=ヒメリンゴ
盆栽の産地である香川県で採種

右手前=ガマズミ?
某ゴルフ場で採種

右奥=ニレケヤキ
大阪城の木から採種

正面奥=ヤマモミジ
南禅寺山門の木から採種



周りの人の作品を見ていると、自分の出したものの力のなさが情けない。
たいした手間もかけていないものを、こうして飾っていただいて申し訳ない。

基本的に私はミニサイズのものしかやりませんが、それでもまだまだ年季が足りないんでしょう。
木に力が無いように見えるのです。


がんばろうっと!
盆栽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

いきなり春ですなあ

あっという間に3月も半ば。

昨年はわがミニ盆栽を植え替えることができなかったので、
今年は絶対にするべく、2月初旬にはホームセンターで赤玉土を購入しておいたのだが、
結局2月中にはする時間がなく、あれよあれよという間に3月も半ば。

2年も植え替えてないとまずいことになるかも。

もう既に根が巻きすぎて、鉢の中は土ではなく、ぐるぐる巻きの根だけ、という状態のものもある。
時期的には最適期を逃してしまっているが、放っておけない。


まとめて集中的に植え替えをしたいのだが、そうすると丸々3日ほどもかかってしまい、時間取れない~~となるので、一日ひとつでもふたつでもコツコツやることに決めた。
段取りがかかるので効率は悪いが、しかたない。




ところで、先日、電車で前に座った年寄りの夫婦がでかい声でこんなことを話していた。
「なあ、買えないことはないのに、パンや煮魚なんかを万引きしてなあ」

知人の年寄りが万引きを繰り返していることを噂しているのだ。
(はっきり言って噂していること自体を楽しんでいる)

「あれは、スリルを楽しんどるんやな」
「いや、あれは病気やで」

「オイオイ!」
と僕は声をあげそうになった。

「犯罪だろうが!!」

「病気」でもなんでもないし、スリルを楽しむためにしているはずがない。

明らかに悪意に満ちた心で、「盗み」を繰り返しているのだ!!
汚れた手で、盗んできたパンを食っているのだ!!

それを「病気」のせいにするとは!!

病気だからって、許されることだとでも思っているのか?


万引きされた店の人は、どんなにか悔しいだろうな。
商売をしていて、金払わずに持ち逃げされたり、食い逃げされたりするのは、非常に悔しくて腹立たしいものだと思います。
金を払ってくれるお客様として遇しているにもかかわらず、裏切られて(騙されて)損害を被るのと同じだからです。



万引きを繰り返す年寄りに、もう世間は用はないでしょう。
そしてその万引き老人を庇うようなことを口にする非見識な老人にも用はないのです。

盆栽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。