ドロのココロだ

空間デザイナーの書くミステリー小説「ノブ&ユウシリーズ」更新記録と日々のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ミステリー小説読者記録

ノブ&ユウ長編ミステリー記録
ウェブで公開しているミステリー小説がどれくらい読んでいただけているかの記録です。


連載中「パリサイド」
2,904アクセス ユニーク1,747人
完結済み「サントノーレ」
17,255アクセス ユニーク4,738人
完結済み「ニューキーツ」
29,996アクセス ユニーク7,778人
完結済み「ノブ、ちゃんと考えてよ」
13,162アクセス ユニーク4,217人
完結済み「ノブ、ずるいやん」
38,760アクセス ユニーク13,892人
完結済み「ノブ、それって空耳」
18,646アクセス ユニーク6,590人
完結済み「ノブ、知ってたん?」
25,925アクセス ユニーク9,218人
完結済み「水霊の巫女」
10,951アクセス ユニーク6,291人

ユニーク合計 54,471
ということで、この5か月間に、ユニーク4,100ほど増えました。

連載中の「パリサイド」が遅々として進まない割に、お読みいただけているようで、うれしい限りです。
長編SF仕立てのミステリー小説「パリサイド」はこちらからお読みいただけます。ぜひ、ご笑読くださいませ。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

パリサイド読者数記録

SF長編ミステリー「パリサイド」

2015/01/30現在の読者数。
ユニーク 1,289人
アクセス数 2,068

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

SFミステリー「パリサイド」進捗

10月2日に連載スタートした「パリサイド」

2か月経ちましたが、中々進まず、現在23話までアップ。
構想の全体像からみれば、まだ、1/4程度。

数日毎の更新を目指しているが、少々ペースが遅い。

従ってアクセス数もあまり伸びない。
12月28日時点で、
アクセス数わずか1,262
ユニークユーザー数 770

SF長編ミステリー「パリサイド」はこちら。ぜひ、ご笑読ください。 
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

長編ミステリー「パリサイド」連載開始しました

長編SF仕立てのミステリー小説「パリサイド」の連載を開始しました。

ミステリー小説を書き始めてかれこれ10年以上はゆうに経ちます。

相変わらず芽の出る気配はなし。
それでも、趣味ですからコツコツ書き溜めてきました。

前々作から始めたSF仕立てのミステリーですが、ニューキーツ~サントノーレときて、2作でこのシリーズとしては終了の予定でしたが、なんとなく書き足りなくて、というか、中途半端に終われば読者に申し訳ないような気がしてきて、パリサイドの謎に迫る部分を書くことにしました。

題して、そのものずばり、「パリサイド」

ぜひ、お読みください。
SF長編ミステリー「パリサイド」はこちらです。


ところで、恒例の読者数公表。
20141013日時点で。

「水霊の巫女」
10,638アクセス ユニーク6,197人

「ノブ、知ってたん」
24,796アクセス ユニーク8,868人

「ノブ、それって空耳」
17,617アクセス ユニーク6,229人

「ノブ、ずるいやん」
37,811アクセス ユニーク13,546人

「ノブ、ちゃんと考えてよ」
11,832アクセス ユニーク3,857人

「ニューキーツ」
27,605アクセス ユニーク7,191人

「サントノーレ」
15,184アクセス 4,411人

合計
145,483アクセス ユニーク50,299

という結果です。
ここ半年で、ユニーク数が4000ほど増えました。
うれしいことです。




未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

竹の根っこ大騒動

10数年前に植えたクロチクの根が、事前に埋めておいた仕切りを潜って、あらぬところにはびこり、えらい騒動になったのは3年ほど前。

防衛線を築きなおし、侵入者を排除するのに要した日数は、約3ヶ月。

完璧を期したはずが・・・・・・。


先日、またもや、妙なところに筍が出てきたではないか。

前回はまだ、「感嘆」の気持ちもあったが、今回はまったく「絶望」と「怒り」のみ。


一気に敵を殲滅するべく、集中して作業。

竹の根防衛線は以前築いたものを手直しするのみ。
しかし、今回は、防衛線手前に大きな空堀を設けることに。

防衛線自体が、雨水の枡あり、雨水配管あり、汚水菅あり、給湯菅あり、屋外照明の配線ありの場所。
それらを跨いだ防衛線で、はなはだ心もとないからだ。

今回、竹の根が防衛線を突破したところは、雨水枡の縁でモルタルを詰め残していたわずか2ミリほどの隙間。
鉛筆の芯ほどの隙間も許されないとあっては、そんな複雑なエリアでは完璧は難しいのだ。
ということで、空堀作戦。


つづく







未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。